酔っ払いながら「スペシャリストの帽子」を読んでいたら、現実と虚構の区別がつかなくて、吐き気が止まらない。
Close