誰かのための物語を常に書きたいし、誰かの期待を微妙に交わした物語を常に書きたい。
Close