すいている

 対面式のボックスシートで窓側に腰掛けている。
 すこし開けた窓からの風が気持ち良く、暗い田圃の向こうで明るい高速道路。
だが、なによりまあるい月が綺麗だ。
「お前、なんでそこ座ってんの?」
 不意に思い出して、斜向かいに座るマキへ尋ねる。今日は、ボックスひとつ贅沢に座っても怒られないだろう。
「えっ? ダメ?」
 マキは応える。目はスマフォから1mmも逸らさない。そのまま視線を右にやれば、誰もいない隣のボックスシート。そして、真っ黒な窓。ぼんやり写るマキが揺れている。まるで、この汽車には自分たち以外誰もいないような。いや、ワンマンなんだから誰かは間違いなく運転している。
 視線をマキに戻す。
 透明マニキュアとか、色付きリップとか、微かな香水とか。ギリギリ校則に違反しないステロタイプな女子高生。なんてコピィが浮かぶ。ついこないだまで中学生だったのに。
「先、座ってたし」
「いいじゃん。寂しいもん」
 マキはちっともこっちを見ずに答える。仕方がないから、マキが見てくれるまでずっと眺めることにする。
「着いたよ」
 マキが言う。二駅30分は270円。
「やっとこっち向いた」

超短編 500文字の心臓
第117回競作「すいている」参加作をだいぶ修正

(ケータイ)トップ > 空虹桜超短編集 エディアカラ > すいている
(パソコン)トップ > 空虹桜短編集 バージェス頁岩 > すいている
空虹桜HP アノマロカリスBANNER
(C) Copyright SORANIJI Sakura,2012
e-mail bacteria@gennari.net