国立げんなり研究所

国立げんなり研究所

ここはげんなりワールド国立のげんなり研究所。

ここでは所長助手によって、日夜「げんなり」について研究されている。

ちなみに、「バカ田大学」とは相互交流で研究が進められているらしい(笑)

それはともかく、ここで研究されている「げんなり」とは以下のように定義されている。


    げんなり(副詞):飽きてうんざりするさま
  1. その中でも現実には滅多にありえない事例
  2. もしくは普遍化されにくくその感慨を共有しにくい事例
  3. ただし、その事例を聴いた第三者が想像した際、きちんとげんなりする事例

以下はその事例であり、今後当コンテンツで研究成果が発表される予定である。


  1. 「ピンクハウス」ばかり着ているゾック女
  2. エンジンを切った瞬間バッテリが逝ってしまった男
  3. 真冬にフルヴォリュームで「チューブ」を聴くシャコタン
  4. W杯に17000円出すならハイオク入れると宣うランティス乗り
  5. 「ムユウビョウシャ・・・Kill you!!!」などとほざくイギリス人
  6. フリーカだった過去を自慢する教授
  7. テスト監視の時間に社交ダンスの練習をする教授
  8. 最近ラヂオが面白いと「矢口真里のオールナイト」を聞く男
  9. 体の中で水割りを作るホスト
  10. 「tank!」をbgmに使ってしまう伊東家の食卓
  11. 「ダイエーの商品券」を仕送る母
  12. 「微分でぎゃあぎゃあ質問するなよ!」と怒る工学部生
  13. 公園で練習した側転がボツッた女子大生
  14. やくざの家出息子に逃げ込まれた大学一年生
  15. 暗証番号が前の彼女の誕生日な男
  16. 自分からテンパりに行く坊主頭
  17. 新歓で浮かれて手術した先輩
  18. 嫉妬してアクセルを踏み込んだ男
  19. バイトサボってロリ系ビデオ見てた男
  20. and more...

なお、当研究所では随時事例報告を募集しているので、
メールマグマ溜まり、もしくは研究所員に直接報告してもらいたい。

事例報告が採用されると当研究所内において報告者の敬称が変化する。
ex)学生→新米→助手→三流→・・・

HOME


BANNER
(C) Copyright Unaru Bacteria,2002-2005
e-mail bacteria@gennari.net