雑感・レヴュ集 メタセコイア
ARABAKIレポ

ミュージシャンライヴ名会場記述者記述日
ROCK FESTIVALARABAKI ROCK FEST.08 4/26エコキャンプみちのく唸るバクテリア2008/5/3

他のフェスレポも見る?
ARABAKI情報も扱ってるRSR semi-EXPRESSやってます。

Attention!!
MCなんかは細部曖昧です。ご了承ください。

エコキャンプみちのく到着まで
前日飲み会。一次会で撤収。AM4:30起床。東京サムッ!
なんで午前5時の山手線こんな混んでるの?
MAXやまびこは2階建て。したっけ2階に座るでしょう!(発想が小学生)
結局朝8時半頃到着。シャトルバスは30分待ちだから普通。
高速出口はやっぱり渋滞気味だったけど、わりとサクサクっと到着。こっそり、運転手さんの運転が上手かった。

10:30〜11:05 サンボマスター https://gennari.net/meta/arf4.htm#sambo
わりとすぐにピースマークを見つけたから写真に撮り、

ピースマークオブジェ
さて、サンボは陸奥ステージだと勝手に思いこんでてそっち向かってったら、なんか聴いたことのある唄(「THE YOUTH」の)聞こえてきて、慌ててTIME TABLE確認し、荒吐ステージへ戻る。
ホント、今年も三味線ジングルはカッコよすなぁ。
ARABAKIはよぉ35分しかくれないんだよ
東北出身の僕が、東北のロックフェスに参加できることが、嬉しいわけですよ!
ロック雑誌が言えないこと言ってやりますよ。チベットに自由を!チベットに自由を!
by 山口隆
ホントか知らんけど、前で泣いてる娘がいたらしく、その娘をいじってというか、フォロウして「そのぬくもりに用がある」へ。
    セットリスト
  1. very special!!(たぶん)
  2. 光のロック
  3. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
  4. 新しい朝
  5. そのぬくもりに用がある
  6. I Love You

12:05〜12:40 ミドリ https://gennari.net/meta/arf4.htm#midori
時間があるので、酒呑んでメシ食ってグッズ眺めて。オフィグッズ行列しすぎ。
あとそう、「まるや天賞」の蔵元娘さん(?)の眼鏡ッ娘っぷりがグッときた(ヲイ)
ミドリは完全人多すぎ(苦笑)去年は空いてたのになぁ(遠い目)
ベースの人(遠目で見るとオウム麻原に似てる気がする)こと岩見のとっつぁんは、若干モノ足りぬがコントラバス奏者。
後藤まりこが花道降りてるのに、ハジメタルがステージで前転しても誰も見てないって!(笑)
(モッシュビット横のエスケープゾーンへ降りてきた後藤まりこが客に向かって)女倒れてるのになんで起こしてやらん。お前(スタッフ)もボケッと立ってるな。せっかく高い金払ってきてるのに怪我なんかするな。どうせ怪我するならな、僕が怪我するわ!
by 後藤まりこ
後藤まりこがいちいちスピーカ登るのは、ある種の神性か?
スピーカから落ちる後藤まりこと受ける岩見のとっつぁん。
もし仮に神性だとして、スピーカから落ちるのが投身自殺なら、毎回まりこは死んで生き返るのだな・・・
    セットリスト(ソース
  1. うわさのあの子
  2. ゆきこさん
  3. エゾシカダンス
  4. ちはるの恋
  5. 獄衣deサンバ
  6. あんたは誰や〜ノイズ
  7. POP

13:30〜14:05 Theピーズ https://gennari.net/meta/arf4.htm#pz
さっきのミドリとはうってかわってガラガラ(笑)
俺の前で見ていた家族。夫婦揃ってピーズファンの模様。息子の名は「はる」という。
ロクな子に育たんぞ(笑)
それにしても、アビさんかっこいい。
いい加減セットリストわかるかと思ったらダメだった(苦笑)
年のせいか山奥が好きになっちゃった
年のせいか水が旨い
今日は雨降ってないよ。怒髪天の増子直純が来たらざーっと(笑)
by 大木温之(はる)

曇天模様のARAHABAKIステージ

14:30〜15:05 フラワーカンパニーズ https://gennari.net/meta/arf4.htm#fc
鈴木圭介寒い寒い言い過ぎ(笑)
はるさんのMCを受けて、ここでも増子兄が来たら雨が降るという話がチラッと。
1年前からずっと新曲との噂の「この胸の中だけ」を初めて聞く。泣きそうになる。
「東京タワー」からこそこそセリフ調の曲が増えていると思うのだけれど、ストレートで素直に浸みる曲。
フラカンが終わってハロワへいく途中、近くを歩いていた女の子が喋ってるの盗み聞き。
それによると、前の方でミドリが4人揃っていたらしく、後藤まりこが「深夜高速」聴きながら号泣してたらしい。
こんにちはフラワーカンパニーズです!初めてのアラバキです。来年も出られるように、この30分に僕の一生を賭けます
by 鈴木圭介
    セットリスト
  1. 馬鹿の最高
  2. 空想無宿
  3. 脳内百景
  4. この胸の中だけ
  5. 深夜高速
  6. アイム・オールライト
  7. 真冬の盆踊り

15:30〜16:05 THE HELLO WORKS https://gennari.net/meta/arf4.htm#thw
転換中にバカガキがいちいち大声で叫ぶんで、前にいるいい歳のおにーさん、おねぇーさんはグッタリ。
ホントもうバカウゼェ。
「Discoteca Pacifica」での踊り酷すぎ(笑)それを全員に強制。結果みんなで苦笑しながら踊る踊る(笑)
ハロワ版の「ブギーバック」なのに、イントロかっかった瞬間に、わーっと前へ詰まる。恐るべし「ブギーバック」!
顔隠して現れたハナレグミを見て、いつだかの小沢健二を思い出したのは俺だけじゃあるまい。

    セットリスト
  1. J・O・B
  2. SAIMIN'
  3. HIGH & FAST(半分)
  4. 6 DIMENSIONS
  5. Discoteca Pacifica(短め)
  6. EVERY SINGLE DAY
  7. 今夜はブギーバック (Re-play) feat. ハナレグミ

16:10〜16:45 the pillows https://gennari.net/meta/arf4.htm#pillows
着いてみたらもう始まってたり。
6月発売予定の新曲「new animal」
曲聴いてもパッとわかる曲が半分ぐらいしかなくて、やっぱ俺ミーハ・・・とか思ってたら、ファンの人のblog見たらまんまとファンが喜ぶマニアックな曲だったみたいな。
でも、最後は「Hybrid Rainbow」
「ブギーバック」で一瞬降った雨が「ハイブリ」中に降り出す。
MCの雨降らない話が若干虚しい(苦笑)
会場着いてから一度も座らずにここまで見続けたせいで、腰が限界近く、ブンブンパス。無念。
雨のHATAHATAステージ

17:50〜18:25 怒髪天 https://gennari.net/meta/arf4.htm#dohatsu
ホントに怒髪前に雨が本降りになってきたんで、体勢を立て直すため、グッズ売り場当たりまで引き下がり、合羽着こんだり。
この時間メインはチャットモンチーだから・・・と思ってオフィグッズ見てみたらガラガラで楽にゲット。
今年の怒髪は雨男か・・・と思いながら、舞茸ご飯を食べたり。
ひとつ言っておく。雨など降っていない!
なんだなんだお前ら、雨が降ってるみたいな顔して。これは酒だ!
繰り返すこの……最近パフューム聞きすぎだから
by 増子兄
しかして、見事サスパズレ中だけ雨が止む。さすが怒髪天。

    セットリスト
  1. サスパズレ(イントロ)
  2. 夕暮れ男道
  3. ロクでナシ
  4. ドンマイ・ビート(feat.ケイタイモ)
  5. ビール・オア・ダイ
  6. 酒燃料爆進曲
  7. サスパズレ

18:55〜19:25 銀杏BOYZ https://gennari.net/meta/arf4.htm#ginnan
銀杏前に端に寄ろうと思ったのに、誰も動かず
怒髪にあんな人がいたのはだからか・・・
上半身真っ裸の峯田が一人で登場。金髪キモイ。
昔「人間」でそうしてたように最初は峯田のアコースティックな「光」
2番だったかで他のメンバ登場し、バンド形式になる。
最初はちょっと頑張ろうかと思ったけど、すぐに諦めて、モッシュで後ろから来たヤツと入れ替わるように撤退戦。
だから、ダイブ中は人の上で転がるな!これだから素人は!
正直、ステージはほとんど見れず、でも、峯田の声だけはずっと鼓膜を揺らす。
身を守るのに必死で、体一杯でした。
そんな中聞こえてきたのは

好きなんだもの 私は今 生きている

切々とギターをかき鳴らして唄う峯田。
聴いてたときは曲名が全然思い出せなかったんだけど、なぜだか異様に腑に落ちる。「好き」であることと「生きていること」がなんの断絶もなく滑らかにつながっている異質な歌詞。
まるで峯田のために存在しているような曲だと思った
続いた新曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」は暴れるのにいい曲。
「BABY BABY」を初めて生で聴いた頃には両足の靴ひもが踏まれて、解けて、さらに踏まれて、モッシュに押されて、足首骨折したらどうしようとばかり思っていた。
「 やっぱ終われねぇ、もう1回 」
もう終わりかという安堵と悔しさの中、峯田がアウトロのホントに最後で叫んだ。
そして、そのままもう一度「BABY BABY」
実はこのバンドが、ワガママなフロントマンに応えるべく、ライヴバンドとしてしっかり成長してるんだと思った。
    セットリスト
  1. SCHOOL KILL
  2. 17才(南沙織)
  3. ボーイズ・オン・ザ・ラン
  4. あいどんわなだい
  5. BABY BABY(2回)
  6. en)日本人

19:50〜22:00 斉藤和義 with ARABAKI MICHINOKU SESSION https://gennari.net/meta/arf4.htm#kazuyoshi
リスバンとともにもらえるタイムテーブル。ARABAKIのはいっつもしょっぱいんだけど、今年は例年よりしっかりした作りで、簡単なパンフを兼ねていた。
で、そのタイムテーブルのせっちゃんところにゲストが既に明記されていて、それを見る限りでは、どうもお子ちゃまがたくさん来そうなラインナップ。
なんとなく、トリに客を残すためにお子ちゃま残してる気配を感じつつも、この雨で帰る人も出てるだろうし、近くを歩くお子ちゃまはせっちゃん知らなげだし・・・
なにより、ここでせっちゃん見逃したら後悔するんだろうなぁ。という、漠然とした予感を抱き、雨の中じっと待つこと約20分押し。
何度その間、帰ってやろうかと思ったことか。
「I Love Me」から始まったステージは前半は淡々とアルバム「I Love Me」の楽曲から進んでいく。
周りにいた人は増えたり減ったりを繰り返し、俺は一人アコギ一本で唄われる「かすみ草」をまったく思い出せなかったり。
そんなわけで、それまでバンド編成だったのが「かすみ草」で一度入れ替わり、一息ついて、セッションスタート。
まずはキューちゃんとサシで「レノンの夢も」
古い曲だからか、前の方のおねぇーさま方から歓声が上がる。
とくにMCでの絡みとかはなく、ここも淡々と進み、セッティングに時間がかかるからと、MCでつなげないせっちゃんが一人でグダグダ喋っているような喋っていなかったような。
もうその時点で誰が出てくるかはわかったんだけど、せっちゃんまでも一端袖に引っ込んだり。
トリなのにステージ上には誰もいない異常事態(苦笑)
その間、俺らは雨の中待たされているわけだが・・・と、大方の予想通り、せっちゃんもお面を付けて、ビークルと登場。ヒダカ曰く
ウチがライヴやる時は必ず撮ってるんですけど、和義さんのスタッフの方に編集迷惑かけたら申し訳ないですから、お面付けてきました
いや、そゆ問題かね(笑)おまけにかぶせるかのごとくせっちゃんが
喋りにくいから、これ(お面)ハズしていい?
誰もアナタにまでそれ付けっぱで唄うこと求めてませんから!
なわけで、まるでビークルのステージにせっちゃんがゲストで現れたかのように、ヒダカが進行してAC/DCの「HELLS BELLS」
ヒダカとせッちゃんも年齢的にはさほど変わらないのだけど、トリビュートライヴの時、ビークルのファンに若い子が多くて驚いたとか悔しかったとか・・・すみませんねぇ。歳で。
ビークルが引っ込むと、帰って行く若い子ら。
あ〜あ、1000%アンコールでも一回出てくるのに、根性ねぇなぁ。と、思ってる内に、紅一点と紹介されてチャットモンチー登場。
方々&せっちゃんからは「可愛い!」の声。
「ベリーベリーストロング」をやったんだけど、橋本は口が回ってるのか回ってないのかよくわからない。つか、男声ばかりの中で、唯一の女声だから、マイクのヴォリュームがしばらく取れず、声が聞こえない(苦笑)
なわけで、ほとんどせっちゃんメインで終わってしまったり。とはいえ、チャットモンチー捌けたあとにせっちゃんがボソッと
一回ヤらせてくれないかなぁ
言ったぁ〜(笑)さすがせっちゃん!
で、またぞろぞろぞろ人が去っていく中、俺は俺でドンドン前へ進出できてありがたや。
公表されてたゲスト最後はハナレグミ。いつものバンドメンバも出てきて、二人揃ってバンドVerの「歌うたいのバラッド」
交互に唄っていたのだけれど、完全にハナレグミはハナレグミ節で唄う。
「ブギーバック」初めて聴いた時から思ってたんだけど、ハナレグミって原曲と違うところで間を取って唄うから、独特な感じになるんだよね。
当然のように泣きそうになるのだけれど、それはまた別のお話。
ハナレグミが捌けてセッション終了。
そこからは「幸福な朝食 退屈な夕食」から「ジレンマ」とフェス仕様とは思えないセットリストで終了。
もちろん、あの曲が無いので、アンコールの手拍子をする。
これを聴いてツッコミ入れなければ帰れません!
と、同時に他に誰かおまけ出てくるかなぁ・・・と、妄想を繰り広げる。ハナレグミがいるから、あの人出てきたら面白いなぁとか・・・
まずはせっちゃんとバンドメンバが登場。
ついで、登場順にキューちゃんを呼び込み、ビークル呼び込み、チャットモンチーを呼び込み、
一回ヤらせてくれない?すぐ終わるから
言ったぁ〜本人に面と向かって言ったぁ〜すぐ終わるって言ったぁ〜(笑)
さすがせっちゃん!
んでもって、ハナレグミを呼び込み、と一緒に誰か・・・
気づかないせっちゃんは、
フラワー
と、途中まで言いかけて、
スチャダラパーのボーズ君
と、慌てて紹介(笑)
「フラワー」に反応しつつ、ホントにBOSEが出てきて驚きつつも、俺の頭の中では(鈴木蘭々出てこねぇーかなぁー)という、あり得ない妄想(笑)
ともかく、最後にフラカン鈴木圭介とグレートマエカワが呼び込まれ、なんだかまったく関連が思いつかないけど、たぶん唄うだろう曲はフラカンにあってるよなぁなんて思い。
ジャッジャッジャージャ ジャッジャッジャッジャジャー ジャ
やっぱり!
テンション上がり、両手を突き上げる。せっちゃんが叫ぶ。
歩いて帰ろう!
もちろん、心の中でツッコむ。
歩いて帰れません!

    セットリスト
  1. I Love Me
  2. 愛に来て
  3. 新宿ララバイ
  4. かすみ草
  5. レノンの夢も(クハラカズユキ)
  6. HELLS BELLS(BEAT CRUSADERS)
  7. ベリーベリーストロング〜アイネクライネ〜(チャットモンチー)
  8. 歌うたいのバラッド(ハナレグミ)
  9. 幸福な朝食 退屈な夕食
  10. ジレンマ
  11. en)歩いて帰ろう(上記ゲスト+MC BOSE(SDP)+鈴木圭介&グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ))
八重桜は残っていた

帰り
雨だったせいか、シャトルバスは行列はほとんど混んでおらず、GIPクオリティを今年は体験できず(微笑)
仙台に帰り着いたら、飯食う気力も失せて、ネカフェへ。
あっ、去年作った会員証忘れてきた・・・

BACK

雑感・レヴュ集 メタセコイアBANNER
Powered by P trackbacker
(C) Copyright Unaru Bacteria,2008
e-mail bacteria@gennari.net