雑感・レヴュ集 メタセコイア
RSRレポ

ミュージシャンライヴ名会場記述者記述日
ROCK FESTIVALRISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO(8/15)石狩湾新港唸るバクテリア2014/8/20

他のRSRレポも見る?
RSR情報サイトRSR semi-EXPRESSやってます。

Attention!!
MCなんかは細部曖昧です。ご了承ください。

はじまるまで https://gennari.net/meta/rsr44.htm#start
5:30に起きる予定でアラームかけておいたら、その前に目が覚めてしまった、見事な遠足体質こと唸るバクテリア32歳です。ありがとうございます。
天気を投稿しようとTwitter開いたら、dextureの中の人からフォロウされてたりして、ビックリしたりしなかったり。
これで、来年からはサイトへのダメ出しが、ガチで中の人に伝わると。
閑話休題。
顔を洗って、ヒゲ剃って、着替えてトイレを済ませたら、れっつらごー!

もうリスバン公開しても怒られないよね?
自宅からパーカ持ってくるのを忘れたので、もう、諦めて現地調達する決心も、この朝のひとときで済ませました。
甥っ子どもが起きてきて五月蠅かったりなので、予定よりもちょい早めの6:25ごろに、還暦の両親連れて実家を出発!
空は一面の曇り空だけど、予報的には今日一日こんな感じだから、気にしない。気にしない。
なにせ雨が降らないならそれでいい
とはいえ、ちょっと肌寒いのは困るなぁ。ぐらいな感じで、2年ぶりぐらいのドライヴです。運転手は僕だです。
久々に運転してて思うのは、やっぱり道内運転すると、どうしたってスピード出るよね!っていう。アクセルちょっと踏んだだけで80kmとか出ちゃうものね(違法です)
混むちょい前ってところで,まぁ、覚悟もあるからだけど、さほど渋滞に悩まされた感もなく、8:28ごろに会場内駐車場に到着。
駐車場のある光景さすがにこのサイズならナンバープレート見えないよね
止めた車の周囲をパシャパシャ写真撮って、ああ、帰ってきたなぁとか思うよりもなによりも、道すがら、コーヒー飲んでたせいもあって,ともかくトイレに行きたいですよと。
仕方ないよね。利尿作用。
そんなわけで、トイレによってから入場行列へ。
しかして、トイレ行列では無い写真
しかして、例年のことながら、この駐車場そばのトイレが一番混んでる錯覚に陥るんですよ。ええ。
たぶん、行列しなれてない状態で遭遇する最初のトイレだからだとは思うんだけどね。
チラッと映るトイレ行列だいぶ色褪せたマナー看板
今にも雨が降りそう感
入場行列は、例年のごとく、ダラッと行列中。
周りの慣れたみなさんは椅子を広げ、ウチはウチで、コンテナに荷物を詰め込んで、そのコンテナを運搬する方式を、この年ぐらい続けておりますので、コンテナが簡易ベンチになったりするわけです。
並んでまーす最後尾はこちらです
途中、前の方に詰めてくださいなどと言われ、一気に列が詰まるも、そっからまたまったりムード。
しっかしなんだ、あからさまに若い大学生ぐらいの集団と、仕事はしてる雰囲気の集団の2グループにだいたい分かれるよね。行列の人々って。
もうこの歳になると、若く見えない人たちは同い年か年下だと思え!という自己催眠をかけないと、自分がどういう属性かわからなくなります。あの、白髪もあの禿もあのデブも、みんな俺と同い歳ぐらいか・・・
朝からみんな楽しそう目元隠したら、意図があまり伝わらないかも
前のグループの女の子が、「アラサーちゃん」に出てくるヤリリンちゃんみたいな娘で、スゴい変な非現実感に陥ったりもしたけれど、わたしは元気です。
ホントに10時ちょい前ぐらいに歓声が上がって、そういえば、過去に一度だけ、なんか言ってるの聞こえるぐらい前に並んだことあったなぁ。とか、思い出す。
祭です
たぶん、会場マップが、今の形式になった年・・・
あれからすらいろいろあってよくわからんけど、今年もちゃんと帰ってこれたよ
ゆっくりと行列は進み、もうちょっとで、入場前の坂だなぁ、ぐらいのところに至って、なにやら音が聞こえますよと。
周りの人々がスピーカから垂れ流してるのじゃなくて、生音っぽいのが聞こえますよと・・・
ホントにスクービーがエントランスのテントでライヴしてる!
スゲェ。スクービー。
あの狭い正方形のテントの中で、きっちりバンドセット並べてライヴやってるよ。スゲェよ!スクービー!!
祭さん以外は、パフォーマンス中に写真を撮らない主義なので、今回もスクービーの写真は撮ってないけど、経緯を知ってる人たちは皆、あのスクービーを見て、心底惚れてしまったのではないだろうか?
と、みんな心の内で感動していても、なんのために並んでいるかと問われれば、入場するためなので、立ち止まることなく、スタスタと行列は前進するのでした。
ホント、よく調教されている(笑)
はためくねぇただいまな感じ
なんだかんだで、10:30前には入場してライジングサーン!
8/15には撮れず、8/16に撮った
入ったら、コンテナをコールマンブース近くまで運んで、おいらはテント行列へ。
並んでみたところ、まさかのキタキツネ行列!
今年は魚介類取ったわけじゃないのに、こんな並ぶだなんて・・・エゾリスか・・・正解はエゾリスなのか・・・でも、エゾリスの抽選に外れてキタキツネなんだよなぁ・・・
などと一人煩悶。
大行列しかして、エゾリスじゃなくエゾシカの写真しかない
それはともかく、前に並んでる人が2010年のアーティストTシャツで、「HOUSE OF LIQUID」とか書いてるの見て郷愁に浸ったり、テント行列に不要な荷物をいっぱい持ってる慣れてない感じの子を初々しいなと眺めたり。
にしても、7区画分スペース持ってて、6区画と1区画で、別々に確保する理由はなんなんだろうか?
閑話休題。
結構気を遣って目線入れてます
地権書を無事ゲットしたら、コンテナを運んでテント設営スタート。
今年は超わかりやすい角地をゲットしたので、そんなに迷うことなく住処を発見。
見つけちゃえば、簡易テント2張なんて、モノの10分程度で設営終了しちゃうわけですよ。
久々に骨入れて建てた
したっけさ、11:30前にはビアーだビアー!
それはそうと、女の子二人でコールマンの4〜5人用のゴッツいの建てたりとか、あまりオススメしないなぁ。おぢさんは。
キタキツネからの買い出しはちょっと距離があるから大変だけども、今の内にいろいろ会場見て回らんとねぇと、両親おいて、一人で散歩。
しばらくいったら、わりとビックリ。今年は草原!
草刈り鎌とか持ち込まないと、ここにテント建てるの大変じゃないか?わりと。などと。
次の日には、道はそれなりに踏まれて整備されたけども、大雨降った後にあの好天だと、一週間そこらで、雑草はビックリするほど伸びるのだと改めて。
こんな感じで休有地があったりサンステを遠くにテントエリアを
さて、一人で3つ分のプラカップを持つのもお手なもので、来た道をスタスタ戻る。
それにしたって、午前中から呑むビールはウマいねぇ。最高!生きてて良かった!!
ビール!
一息ついたら、今度はグッズを買いに。
こっちはテントから近いんで、まずはガラガラのEdy行列に並び、オフィシャルグッズから。
毎年買ってるパンフは当然として、結局悩んでパーカを買ってしまう。
グレイにするか緑にするか最後まで迷ったけど、結局当たり障りのないグレイ。いや、緑はプリントが同系色だったから、あまり目立たないかなぁと思って・・・アレが違う色だったら、それこそ白で良かったんだけど、そしたら買ってた・・・
メビウス!コールマン!
コロンビアではブランコ乗れた
ついでに他のバンドのグッズも眺め、森高千里を買いかけたり、電気グルーヴを買いかけたりしたのだけど、結局買わず
こゆところで自制心が働いてしまうあたりの経験値。
片想いのTシャツが白根ゆたんぽ絵だったんで、これだけは、ライヴが良かったら買ってやろうと密かに決心。しかし、この絵普段使いしにくいな・・・
帰りしなも散歩しようとタワレコの方まで足を延ばしたところ、タワレコカフェ!?だと?
そんなコジャレたモノができたのね!と、嬉々としてにてビールを買い込みテントへ戻る。
パンフを鑑賞しながら、ビールを呑む昼下がり。
ああ。贅沢やわぁ・・・
タワレコカフェピントがビールに合わなかった件
今年のパンフ(表紙)ステーキ丼
開けてそうそう、レキシのおじさんのキャッツと、→Pia-no-jaC←のロゴが(PJの組み合わせが北海道になってる)完璧でビビる。
母親が買ってきたステーキ丼も食べたりしつつ、一通り読み終わった頃には当然、ビールも尽きているので、EARTH方面そんな行かないから、明るい時間にEARTH方面散歩してみましょうかね。と。
メロンけずりが13時過ぎにはソールドアウトしていて軽く苦笑。
ソールドアウト!
さらに散策してたら、2件も写真頼まれてみたり。
しかして、今年も
準急見てます
とか、声かけられることはなかったり。
おかしいな。Twitterのフォロワは200越えたんだから、会場内の1%は俺のこと知ってる計算なんだけどなぁ・・・
キッズガーデンPROVO
LOVE
PROVO全景布袋の大行列。来年は食べたい。
今年は風船が上げられていた
さらにぐるっと巡りて地ビールを探し、先に行き着いた先は祭太郎!
すでにグダグダ感を醸してる中軽く冷やかす。
いや、他にもいろいろ見たいのはあるけど、さっき話題に出たし、ついつい
見たいのは?
と祭さんに訊かれたら
電気グルーヴ!
と即答してしまいましたよ。ええ。
キッズガーデンPROVO
LOVEPROVO全景
いつまでもこのグダグダに浸っていたくもあり、そうすると、写真が祭さんばかりになってしまうリスクもあったので、適当なところで見切りをつけると、なるとの行列や、ジャックのおねぇーさんをパチリと収めて、ようやく地ビールゲット。
ジャックのおねぇーさんはケータイで撮った後、デジカメで撮りたかったのだが、2枚お願いするのは躊躇ってしまいましたよと・・・そうか、荒吐の時はバドガールをデジカメでしか撮らなかったっけか・・・
さて、地ビールは去年同様、江別のノースアイランド(準急では間違って恵庭と書いてしまった・・・)で、ヴァイツェンしか呑まなかったんだけど、地ビールフェスとかで呑むよりここで呑むのがウマいね
その近所には石狩の番屋ビールも見つけたので、それはまた後にしようと、テントへ戻る道すがら、まさかの従妹に遭遇。
来てるのは知ってたし、何年かに一度はたしかに遭遇しているのだけれども、まさかこのタイミングで遭遇するとはね。
つか、呼んでくれたらテント張るの手伝ったのに。
と、軽く駄話をしたところで、テントに戻り、小一時間休憩したら、トイレ寄って、ジャックジンジャー買って、レキシへ!
何故かずっと飛行船を飛ばしていたメットライフ生命今年撮れた飛蝗は小さめ
この時店番したおねぇーちゃんが可愛かった件飛行機と風船
ジャックガールには目線を入れません!風船と★

15:00-16:00 レキシ https://gennari.net/meta/rsr44.htm#rekisi
空虹さんが合流したいということもあって、わりとわかりやすい、サンステ左側の方へ。
しっかしさ、俺、レキシの武道館結局行くことにしたのに、なんでここでレキシ見てんだろう?
閑話休題。
晴れてきたよーギターウルフ!カッコいい!!
青空と風船
今年のサンステNOKIAって!
せんとくん
挨拶してたの西木だと思ってたんだけど、若林だったんだろうか?それはともかく、せんとくんに呼び込まれたレキシのおじちゃんは、1時間で計5曲!
爆笑に次ぐ爆笑で、正直、モッシュもせずこんなに疲れたのは初めてぐらいの勢い。
兄ぃは予定通り「ドゥ・ザ・キャッスル」だったけど、なにせ、一番偉いパスを首から下げてらっしゃいましたよ。
騒音で苦情が来たら謝りに行く係なんだって!
もうスタッフパスしかもらえない兄ぃは、ある意味さすがです。
こっちも、ここでしか兄ぃ見れないから、レキシ見に来たわけだし。
この1曲で加賀へ向かう兄ぃに続いて、やついさんがPVに出てたからと自前の雪の女王な衣装で、年貢を納めに来て、BOSEが稲穂兼ツッコミ担当と。(間違ってはいないが、正しくもない要約)
たしかに、ツッコミ役的にBOSEは適切な配役でした。バッチリ!なにせ時間に収まった!(気持ち巻き気味に)
素晴らしかった。下らなくて素晴らしかった
新しい曲をこんなにやるとは思わなかったのだけど、最後は「salt & stone」
そして、やついさんも兄ぃも知らない客がいたよ・・・
RSRへなにしに来たんだろうか?彼女は・・・
それはともかく、俺のラサロがはじまったよ!
    セットリスト
  1. きらきら武士
  2. ドゥ・ザ・キャッスル
  3. 年貢 for you
  4. 狩りから稲作へ
  5. salt & stone

16:40-17:30 カーネーション loves 森高千里 https://gennari.net/meta/rsr44.htm#loves
例年のことかもしれないけど、今年はなんだかトイレが混んでいた印象。
グッズ売り場横のトイレが混んでるんで入らず、PROVEでモヒート買い込みREDへ。
多少モヒートこぼしても、ミントいっぱいだからわたしは元気です。

青空とモヒート!今年の橋には旗やライトがいっぱい
ぐわし!
空虹さんは森高見てるとスチャさんに間に合わないからと、とっととRAINBOW SHANGURIーLAへ。
言うても、俺だってスチャダラは見るわけだから、カネのリハを見つつ、はじまる10分前ぐらいには右端の方へ場所をキープ。
曇ってたのもだいぶ晴れて、首の後ろあたりが程良く焼けた感じ。
このままだと、明日はしんどそうだから、タオルを買う決心。
そうこうしてる内に、一旦捌けてから、本編。
青空が映えるRED STAR FIELD!遠目に見たRED STAR CAFE
どちらに行きましょうか?
NO YOUNG NO CRYCORONATと黒生バッグ
構成としてはカネ3曲で森高4曲の計7曲だったかなんだけど、周りを眺める感じだと、森高世代なオッサンが多め。俺より2つ3つ年上のオッサンね。
何気にRSR初登場のカーネーションだけれど、何枚か持ってるが詳しくはない程度の俺でもわかる3曲目「Edo River」を唄ってくれて、ラッキィとか思ってしまう。
せーの!って言えた!みたいな。
のも束の間。オッサンが
千里出せ!
とか叫ぶ。興ざめ。最悪。カネファンに失礼だし、なにより他の森高ファンの名誉が汚されるわ。
正直久々に死ねばいいのにと思った。RSRで。
ちなみにアレだ。「死ねばいいのに」とか言うと怒る人がいるけど、じゃあ、死ですら償えないぐらい腹立たしいことをなんて表現すればいい?怒りを抱くなとでも?俺は、神様でも仏様でもガンジー様でもないから、それは無理だよ。
しかして、そのオッサンが言わなくても進行通りといった普通な感じで、直枝さんが「 お待たせしました 」と、森高千里を呼び込み「17才」

誰もいない海
二人の愛を 確かめたくて
(from「17才」)

キョンキョン時も上がってたけど、今回も周囲で上がる
顔小さい!
の声(笑)
さすがにミニスカートっぷりまで見える位置をキープできなかったんだけど、微妙な歌ヘタ感もあわせて、流石クィーン・オブ・ガールズポップ感
俺の予習間に合わず、2曲わかんなかったんだだけど、最後に「夜の煙突」というしっかりリスペクトも交えてサーヴィスしてるセットリスト。
まぁ、アレですよ。なんだかんだで、20年選手なわけですよ。ガールズポップも。
見事でした。
軽く余韻に浸りつつ、石狩と小樽の境界に置かれタウンサインとか夕暮れのRAIN TOPEとか写真撮ってたら、ん?スチャダラはじまってる!
RED STAR FIELD横に飾られたオブジェこっから石狩市!

17:30-18:20 スチャダラパー https://gennari.net/meta/rsr44.htm#sdp
写真撮ってる時から、人が溢れ気味なのは見えていたけど、1曲目の「Under the Sun」の間はテントの中に入れず、「ライツカメラアクション」の隙を伺って、すこしずつ前へ行って、ANIとか見える位置を確保。
当然、前の方にいるだろう空虹さんとはライヴ中に合流せず。
なんだ。木暮さんいるのにギターはカシーフか・・・とか思いつつ、それでも当然、全部曲は知ってたりする自分がイヤです。
セットリスト的には、だいたい荒吐の時と変わらない感じで、「ザ・ベスト」が無かったぐらいだったんだけど、「 4年ぶり 」と言われて、そうか、その間にBOSEが結婚して子どもが産まれたりするって、たしかにスゴいなぁ。などと。
ちなみに、今年同じく4年ぶりなのは山下達郎という(笑)
もうちょっと近くで見てたら、RAINBOW SHANGURIーLAの件は絡みたかったんだけどなぁ・・・
それにしても、サマージャムのアンセムっぷりよ!
もう夏が終わってしまうのを切なく感じつつも、やっぱり、夏に聴くこの曲の完璧さはハンパないなぁと。
ある意味、パッケージ化されてるとはいえ、きっちり決めるとこ決めて、外すところを天然で外す安定感は、さすがの一言。
    セットリスト(空虹さんより)
  1. Under the Sun
  2. ライツカメラアクション
  3. MORE FUN-KEY-WORD
  4. GET UP AND DANCE
  5. FUN-KEY4-1
  6. 今夜はブギー・バック
  7. 大人になっても
  8. Shadow Of The Empire
  9. サマージャム'2014
RAINBOW SHANGURIーLAを出るところ

19:00-19:40 片想い https://gennari.net/meta/rsr44.htm#kataomoi
まだ夕陽が落ちきらないRAINBOW SHANGURIーLAを出たところで空虹さんと落ち合って、腹が減ったからとエゾシカカレータコス(バッチ付き)を平らげる。 これが期待以上に美味!
バッチがちょっと大きすぎではあるけども、このお得感は素敵でした。

タイガーエゾシカカレータコス
この胡散臭い看板ったら!サ・ボ・テ・ン・!
この後電気までヒマだという空虹さんをそのままBOHEMIANの方へ拉致る。
スチャダラと同じく4年ぶりにやってきた空虹さんに、久々どうよ?とか、そゆ話をつらつらと。
まだ腹が減ってたので、BOHEMIANで今度は石狩バーガを。
タコ!
まさか木の上に虎が!いつものオバケ提灯
石狩バーガ!ここでもビアー!
そんな感じで去年来なかったから、2年ぶりなBOHEMIAN。
やっぱりBOHEMIANのトイレが一番空いていて綺麗。
この時じゃないけど、翌日だったかにトイレ入って
綺麗!
って叫んでる女の子がいたぐらい。
どこにいるかにもよるけど、ちょっと頑張ってBOHEMIAN行った方がいい場合もあると思うんだ。とくに女の子のトイレ事情的に。
それはともかく、ソーラーになったがために、こんな奥まった場所へBOHEMIANが引っ越していたとは!
準急の中の人的に、例年、結構細かいところまでマップは見てるハズなんだけど、実際に歩いてみると知る衝撃の事実。
BOHEMIAN GARDENステージ全景
ソーラーパネル
そんな中、リハ中は麦藁に座りつつ待っていた片想いは、引っ込んでもすぐに出てくると素晴らしかった。まさしく野外で聴くべきライヴだったですよ。
帰りしな男の子のグループが
「これで最後でも良かった」
とか言ってたけど、ホントに心から同感。
もちろん、フジに2回出てるとか、CDもいちお買ってあったし、予備情報はそれなりに持ってたとはいえ、そこまで期待してなかったせいもあるとは思うんだ。予習クロスフェーダでも触れなかったし。
とはいえ、それでも、あんなに楽しいフェスティヴァルチューンな曲の数々。
社長から「 来年につなげてこい 」と言われたらしいけど、これを来年につないでやるのがWESSの心意気ってもんじゃないだろうか。いや、まぢで。
とくに「管によせて」の自由度に驚く。
なんでもありなんだな。あの曲。そして、そんなにフジの鳥羽一郎は凄かったのか!(笑)
金曜ベストアクトでした。
また見たい。何度でも見たいですよ。
今年は渋さが出る年だと思ってたんで、内心ちょっと残念だったんだけど、片想いに救われました。
そんなわけで、フラカンを蹴ってでも、片想いのTシャツを買いに。

20:10-21:00 フラワーカンパニーズ https://gennari.net/meta/rsr44.htm#fcz
BOHEMIANっていうかFORESTにあったアイヌ文様っぽいオブジェ超盛り上がってる→Pia-no-jaC←×DAISHI DANCE
ここから小樽市BOUNDARY LINE
売り子のおねぇーちゃんが持ってるライトグリーンのは、絵のエロさも加わると着れる自信がないよ!
ってことで、紺のTシャツを買い込んだら、電気へ向かう空虹さんとはお別れ。
電気上がりで会うのもたりぃし、俺、祭さんで盆踊りだし、明日は来ないということで、またその内と。
テントにTシャツ置いたら、EARTHの方へとって返す。
当然人大杉で溢れてるぐらいのEARTH TENTに入ることもせず、横からフラカンを見ていたら、なんか、急に昔を思い出した。
眠い時とかも、なんか半分夢みたいになるんだけど、完全に郷愁というか。
初めてフラカンのライヴ見たのはフジだったなぁとか、あの時の「東京タワー」凄かったなぁとか、10年前に全然想像してなかった未来に今いるけど、俺、10年後どうしようとか・・・
明日アコースティック見るから、元々ちょっとでいいやと思ってはいたんけど、なんだ、フラカンのこの引力は?
油断してこのままいたら、「エンドロール」とか唄われたら泣くなぁ・・・
ってことで、ちょっと早めに立ち去る。
夜の橋はキラキラしてる夜のグワシ!
夜空に煌めく風船EARTH横にて、ラヴラヴだねぇ

21:00-22:00 電気グルーヴ https://gennari.net/meta/rsr44.htm#dg
泣かずに済むよう、笑える電気へ!
ってことで、背中で「深夜高速」聴きながら、ジャックライジング買って、ちょい早めにスタンディング。
入って、右側2ブロック目の柵そばに座って軽く微睡む。
考えることは、もう1日目終わるのかぁ・・・とか・・・

夜のサンステ!ローアングルで撮ってみた
しかして、起きるとそっから一気にダンスタイム! 適度に周りに人もいなくて、好きなように踊れる、夜のサンステ。
ここ数年で見た電気グルーヴの中では、一番好きなセットリストだったかもしれない。
フジと違うセットってだけで、なにげに驚きだったんだけど、「モノノケダンス」とか、「N.O.」とか良かったなぁ。
あとはこれに「虹」さえあれば・・・と、欲を出したくなるぐらい。
しっかし、ピエール瀧がまさかステージ降りて花道駆け抜けるとは!
ハイタッチに手を伸ばしたら、俺の前にいた女の子がハイタッチできて、その裏拳が俺の手に当たった・・・_| ̄|○
心地よく盆踊りへ。
にしても、風が無いと、こんなにサンステは音がいいのか!
軽くショックを受けるぐらい、低音がドスドスいって気持ち良かった。
そして、映像も含めてみる箇所が多すぎです!(褒めている)

23:40-00:50 FRIDAY NIGHT SESSION 〜ROCK'N'ROLL CURCUS〜 https://gennari.net/meta/rsr44.htm#fns
そんなわけで、祭太郎と盆踊りを一通り踊って、乳酸散らしたら、小腹を満たしましょうと。
にしても,久々に北海盆踊り踊ったわ。
振り付けは、祭さんを見て思い出しました。
夜のサンステ!ローアングルで撮ってみた
牛串とモヒートで900円って、そりゃ、安いハズだ。牛串は作り置きを温め直しもしないし、モヒートは、缶のバカルディモヒートをカップに移しただけだもの・・・みたいな失敗もこなしてからEARTH TENTへ。
EARTHの中に入るのも久々だけど、かぶりつきで見るほどのテンションでは無いってのもあるけど、経験則的に、前の方へ行くとのぼせるので、端へ端へと、左端の柵にて仮眠。
それにしても、サンステだけではなく、EARTHやREDに車イスコーナができたのは素晴らしいね!
もちろん、そもそも道があまり良くないからアレではあるけども、そこはRSRの基本コンセプトでもあったりするから難しいところ。優しすぎず厳しすぎず
そんなこんなで15分押しではじまったFRIDAYは、基本、オールディーズというか、なにせ、いきなり「監獄ロック」ではじまり。
いや、プレスリーはそれなりにわかるんだ。俺。
で、なにが良かったかと問われれば、民生も絶賛だった吾妻光良が素晴らしかった
「Six Times Six」も素晴らしかったけど、「Sea Cruise」が抜群に素晴らしかった。
あの人にオールディーズさせたら、鬼に金棒というか。ぶん回しておりましたわ。
もうひとつ、民生とチャボで「チャンスは今夜」が、また、素晴らしかったのだけど、これはチャボがWESS若林に
RC唄え
と言われた補正がかかってるかもしれない。
つか、RCこれだけだった。
俺、そんなにRC好きだったっけ???
それはともかく、他だって良かったんだけど、終盤へ向かうにしたがって、テンション上がりすぎてか、なに言ってんだかわかんないぐらいに音がデカくなってしんどかった
ヒロトが
お化けだぞ
とおどけても、演者がどんだけ楽しそうでも。
ただ、チバが
ウィルコ・ジョンソンは死んでねぇぞ
と、叫んだときには不覚にもグッと来てしまった。
ヒロトのおどけは照れ隠しがあって、そこに味もあるのだけど、チバのシャウトは難しいことはなにも考えてなくて、思ったことを吐き出してるだけだから、表裏無くて清々しいなぁと。
最後に、シーナさんが出てきて全員集合で、「Rock Is All Right」
とくに縛りもなく、自分たちのルーツを、老若男女で唄うってのは、たしかにあまりないタイプのセッションで、そこが楽しくもあるのだけど、弛んじゃってる感じにもなって、来年どういう方向になるか、興味深いところでは。
    セットリスト(ソース
  1. JAILHOUSE ROCK(OKAMOTO'S)
  2. Hey Bulldog(Taxman/OKAMOTO'S)
  3. Boom Boom(Taxman)
  4. Boogie Go Go(延原達治)
  5. Six Times Six(吾妻光良)
  6. Sea Cruise(吾妻光良)
  7. 答えはMaybe(奥田民生)
  8. チャンスは今夜(CHABO&奥田民生)
  9. Mona(CHABO&ヒロト&マーシー)
  10. Around And Around(ヒロト&マーシー)
  11. SHE DOES IT RIGHT(チバユウスケ&クハラカズユキ)
  12. I'm Flash(チバ&鮎川&中村達也)
  13. Rock Is All Right(全員)
満月に見えるけど、ホントは欠けておりましたはじまる前のEARTH

sleep https://gennari.net/meta/rsr44.htm#sleep
ケータイの電池が賞味期限切れしてるので、消費速度が早い早い。
ギリギリまで粘り切らせて、おいらの睡眠と一緒に充電。
明日は温泉行くから、結構起きるのは早いのだよなぁ。
水買って、テント戻り、歯磨きして、2時前には就寝したのでした・・・今年はやっぱり寒い・・・zzz・・・

BACK

雑感・レヴュ集 メタセコイアBANNER
Powered by P trackbacker
(C) Copyright Unaru Bacteria,2014
プライヴァシィポリシ
e-mail bacteria@gennari.net