雑感・レヴュ集 メタセコイア
やついフェスレポ

ミュージシャンライヴ名会場記述者記述日
イヴェントYATSUI FESTIVAL! 2018 6.17O-EAST等唸るバクテリア2018/6/24

Attention!!
いつも通りMCなんかは細部曖昧です。ご了承ください。

13:10-13:40 水前寺清子 https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#suizenji
清子目指してきたら、ジャンベ太鼓に間に合う。
ホントにジャンベ!
ハイネケン600円呑みつつ、やっぱサニーデイ見ようと、今日の予定変更を決心。

    セットリスト(ソースは手元メモ)
  1. 三百六十五歩のマーチ
  2. ありがとうの歌
  3. 浪花節だよ人生は
  4. さよならイエスタデイ(TUBE)
  5. いっぽんどっこの唄
  6. 大勝負
  7. あすなろの唄
  8. 三百六十五歩のマーチ
チーターコールもだけれど、フロアの音楽偏差値が高すぎって、ちょっとビックリする。
やっつん曰く「完璧な営業スタイル」は、30分とは思えない、濃密な時間だったけど、さすがに、全盛期は過ぎてるのかなぁ・・・・

13:40-14:15 イワイガワ、流れ星、どぶろっく https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#owarai1
トイレ行って、ハイネケン600円もう一本買って、サニーデイ3列目ぐらいをキープしつつ、まずはイワイガワ。
流石にコントの展開ウマいなぁ。
続いて、流れ星だけど、面白いなぁ流れ星。勢いある人たちのネタは面白いなぁ。
肘祭が8/1だとか。
で、最後にどぶろっく。
ちんちんがたったんだ!!!

14:25-15:10 サニーデイ・サービス https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#sunnyday
後ろに、男の方が「最近の曲がわからない」言うカップルがいて、「セツナ」聴いたら、魂消て帰るんだろうなぁ思う。
最前柵にBluetoothのイヤホンしてるヤツがいたり、なんだかちょっと異世界な感じだけど、今日のサニーデイは、ちょいちょい古い曲と新しい曲を混ぜてきたセット。
まさか「恋におちたら」があるとは思わなかったんだけど、一番は「セツナ」から「サマー・ソルジャー」の展開がまったくの予想外で、泣きそうになる。

今年は全然、夏が来てる気がしないのだけど、それは天気のせいですからね。

15:50-16:30 カジヒデキ https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#kaji
O-EASTのトイレ寄ってから、Luby Sparks中に着くnest。
赤い髪の女性ヴォーカルはウィンチェスター族だと思いこむ病を発病しているので、一瞬、動揺するけども、最後までヴォーカルステージにいないで捌けちゃうとか、ちょっと面白い。
最後は爆音でステージ全員捌ける。
バーカウンターでジントニック600円買って、前から二列目でステイ。
まさか、こんな前でカジヒデキ。
太めのボーダーTに短パン。白スニーカー!
流石、カジヒデキ!
ギターの人がジョニー大蔵大臣っぽいなぁと思ったら、KONCOSの人たちだった。
コヤソニと言い間違えたカジヒデキを、生温かく見守る妙齢のおねーさま方。
ラス前にサボ脱いで、帽子飛ばしたカジヒデキに、爆笑するファン二人を眺める俺というカオス!
わりとCD持ってるハズなのに、「甘い恋人」と「ラ・ブーム〜だってMY BOOM IS ME〜」だけしかわからんという、ちょっとした残念さを抱きつつ、でも、超久々に聴いたけど、ソラでだいたい唄えるあたりが、この曲の強さ。
つか、曲覚えてなくても、だいたいノれるのが、カジヒデキ(笑)

17:00-17:40 DJ後藤まりこ https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#510
TEMPURA KIDS久々に見たけど、大きくなったなぁ。
と、モスコミュール700円飲みながら思う。
HARLEMは、アルコールがホンノリ割高だけど仕方が無い。
それはともかく、数年ぶりの後藤さん。
自らセッティングする後藤さん。
気づいたら、自分で蹴飛ばしてモスコミュールを零す。
だいたいフェスじゃ、どこかで必ず酒をこぼしてる気がする・・・
マイクを頭に叩きつける後藤さん。
叫び続ける後藤さん。
DJブースに上ってから飛び降りる後藤さん。
三回クラウドサーフした後藤さん。
俺が知っていて、俺が愛してる後藤まりこがそこにいた。
終わって、コアファンたちが「帰ってきた」言ってたけど、強い同意を。
それが善きことなのかは、もうまったく区別がつかない。
まるで教祖を囲むかのように、フロアで唄う後藤さんとファン。
なんて光景なんだろう。
懐かしい。
昔、よく見た。たしかによく見た。
ああ、後藤さん愛してる。
忠誠という言葉が、この人に対する感情として、もっとも適切だと思う。

好きころしたいあいしてる
好きころしたいあいしてる
好きころしたいあいしてる
だけど 僕じゃダメなんだわかってる だけど
好きころしたいあいしてる

(from「好き、殺したい、愛してる。」後藤まりこ)

17:50-18:30 Q-pitch https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#Q-pitch
そのまま居残ってQ-pitchを一番後ろで。
溢したモスコミュールの上にずっといたので、足がベタつくけど、まぁ仕方ない。
微妙だったなぁ。
ちょっとまだ素人感が抜けてない印象。
「あわせるところはあわせる」もそうだけど、ヴォーカルのボリュームが合ってないのは致命的。
なんか、メンバ感の力量がバラバラなんかな?
楽曲は全曲たむらぱん(田村歩美)が提供。

18:55-19:35 かせきさいだぁ&ハグトーンズ https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#kaseki
着いたらKIWILIPS中だったけど、入る前にジンジャーハイボール500円を買い込む。
ちょっと待って、前から二列目に位置してみたり。
髪が伸びて山たつっぽいかせきは、五分早く「じゃっ夏なんで」ではじまり、一曲おまけで「口づけキボンヌ」で終わるという、結構ベスト盤チックなセット。
しかし、盛り上がるのは他人の曲(「DOWN TOWN」シュガーベイブと「ルージュの伝言」松任谷由実)というのが、かせきっぽくて良い。
「カンフーダンス」ではPVに出てる娘(栗林藍希)が見に来てたからって、ステージに引っ張り上げたり。
あの娘、男の子といたけど、顔似てたから弟か兄かな?
とりあえず、現物可愛いな。
閑話休題。
神曲も良かったけど、「さいだぁぶるーす」のアレンジが良かったなぁ。

20:35-21:15 ホフディラン https://gennari.net/meta/yatsui2018_2.htm#hoff
リスバン見せたら、ちくわ天おまけのうどん屋さんで、わかめうどん+きんぴらごぼう天。
たしかに、このうどん屋ちょっとおかしい。
おばちゃん大丈夫だからと厨房から聞こえたり、楽しくて仕方ない。
店員がダメな感じが最高ですよ。まったく。
もうちっと行ける店が渋谷に欲しかったので、また来よう。
とりあえず、冷たいうどんは残念な感じなので、温かいので!
閑話休題。
ここ数年、毎年、ラストはO-WESTの最前だったんだけど、トイレ行ったら、確保し損ねる(笑)と思ったら、手に入った。
これもまた運命。
「恋マボ」ではじまり「遠距離」続けた出だし。去年出たアルバムからも3曲。
かせきの時も思ったのだけど、アルバムの予習をすっかり忘れてた36歳。
「スマイル」で本編終わり、アンコールは「ホフディランのテーマ」
フィナーレに客を向かわせないため(笑)には、適度なセットだったんじゃなかろうか。
昔ほど、ユウヒがタイミング出さなくなったなぁ。とか、どうでもいいことに気づいたのだけど、今の編成の練度は高いよなぁ。

BACK


雑感・レヴュ集 メタセコイアBANNER
(C) Copyright Unaru Bacteria,2018
e-mail bacteria@gennari.net