雑感・レヴュ集 メタセコイア
RSRレポ

ミュージシャンライヴ名会場記述者記述日
ROCK FESTIVALRISING SUN ROCK FESTIVAL 2002 in EZO(8/17)石狩湾新港唸るバクテリア2002/08/25

他のRSRレポも見る?
RSR情報サイトRSR semi-EXPRESSやってます。

ゆら帝を知らないヤツらからフジロックから梯子してきたカップルまでごったに詰め込んだバスに揺られて着いた僻地―

ってことで、会場着いて10分しないウチに某良田氏に会ってしまったライジングサンの観想。
とりあえず、EARTH TENTそばで食ったペペロンチーノめちゃ美味かったことをきちんと明記(来年また食いに行くよ!)しておいて、(以下時間はTIME TABLEに従ってます)

13:00 奥田民生 https://gennari.net/meta/rsr4.htm#ot
スタンディングゾーンの入り口で手荷物禁止と警備員が叫んでいるにもかかわらずみんな無視してショルダバックを持ち込むので、俺も手提げぶら下げスタンディングへ進行。
OPのせいなのかなんなのか、思ったより人の入りが少ないような民生。
それなりに盛り上がっちゃいるんだけど、なんかいまいちな客。
なにより、PAのレヴェルが取れてないのか、民生のユルい(もちろん褒め言葉)ヴォーカルではバックに負けてしまうので、どこ唄ってるのか、今ひとつ掴めなかったりする。
結局、徹底的に盛り上がりを逃して民生終了。
ああ、不完全燃焼
思ったのは、民生に悪いことしたな・・・・

15:00 ROCKIN' ICHIRO AND BOOGIE WOOGIE SWING BOYS https://gennari.net/meta/rsr4.htm#ichiro
音楽サイトだ!とかなんとか言っときながら、きちんと聴いたことがあるミュージシャンが少ないU・Bは14時台がさっぱりだったもんで、パスしてぼんやり会場を散歩。グッズショップがすいてたので覗いてみるけどTシャツは残っておらず。パンフだけマニアの義務で購入(笑)ちなみに、パンフ500円はちょっとお得だったと思われ。
さらにはTシャツ屋さんぶってるから、焦げ茶のRSRTシャツが一番カッコイイな。とか、ROSSOとICHIROのTシャツ人口が多いことなどに気づく。他にも肩のところに「宴」なんて入っててるTシャツ着てるネェーチャンとか、背中に「げんなり」書いてるにーちゃんとか。って俺じゃん(笑)民生の時に後ろで俺のTシャツ話してくれてたみなさんどうも。
んなわけで、その人口比に従ってRed Star FieldのOP、ROCKIN' ICHIRO AND BOOGIE WOOGIE SWING BOYSに足を運んでみる。
もちろん、1曲も知らない(笑)でも、わかりやすいメロディ。なにせブギだもの。踊ってるヤツらの踊りがひたすら古い(笑)ツイストってあーた、ここは終戦直後のミュージックホールかい!
ごっついウッドベースをくるくる回して唄うICHIRO。
メインヴォーカルなのかと思ったら、叫ぶ。ただただ普通に叫ぶだけ(笑)
バンド紹介ですら自分でBASS&SHOUTとか言っちゃうし!
正直たまげたッス。大阪にはこんなヤツらもいるんだね。楽しかったゼ!

16:00 In the Soup https://gennari.net/meta/rsr4.htm#soup
今回見たかったバンドの一つ。
でも、スカパラとかぶったー(涙)
そんなわけで、せめて1曲だけでも見ようとEARTH TENTへ向かう。
やっぱりスカパラとかぶったせいか、思ったより人の入りが少ない。せっかくEARTH TENTの垂れ幕の上にインスーの垂れ幕を張り付けたってのに!
のちに盗み聞きした話だと、このときRed Starだった斉藤和義は5曲ぐらいしか唄わず(でも、良田氏の話だと1曲目に「歩いて帰ろう」唄ったらしい・悔)に帰ってしまったらしい。
U・B的にはこの時間にかぶった3組すべて聴きたかったので、もの凄く悲しくなったり。なんとかそこら辺考慮してよ>WESS
いや、まぁ、この2組だったからスカパラをぶつけることもできたと言えなくもないのだけれど・・・じゃなきゃ、どういう客の分散になっちまうことか・・・
閑話休題。
そんなわけで、中抜けするんだから少し後ろにいようと、ステージ向かって左側のカメラよりに場所をとる。実はこのあと、EARTH TENTに戻ってきたら必ずここにいたのだけれど、まぁそれはともかく、1曲目から「川」を唄ってくれたら泣いてもいいや。なんて思いながら登場を待つ。
出てきた。どっかで聴いたことあるメロディ・・・「川」だ!!
そんなわけで、中抜けするとは思えないほど爆裂したテンションで、飛び跳ねまくる俺。唄う俺。
「どこまでも歩いていこう。何度でも歩いていこう」
でもでも、「川」が終わって、後ろ髪を引かれながらEARTH TENTを去る。俺より後ろにいた女の子の視線が痛い・・・ゴメンよ・・・なんだかんだ言って、俺もスカパラ見たいんだ・・・
そうそう、インスー聴いたら、やっぱ外でコブツイが聴きたくなった。来年はコブツイ切望

16:15 東京スカパラダイスオーケストラ
SUN STAGEに戻って吃驚。なに?この人は???
SUN STAGEでは望むと望まざると、残りはほとんどPAテントより前にいたので全体像は掴めてないのだけれど、もしかして、一番観客動員したんじゃないの?(また良田氏の話だと、スカパラよりも陽水の方が多かった模様。今後スタンディングに居残る時は端にいようと心に誓う俺)PAテントの真裏じゃなんも見えねぇよ(号泣)
インスーを最後まで見てくれば良かったとひたすら後悔しながらスカパラ鑑賞。
チバは出てこなかったけど、民生が白いスーツで出てきてくれたからまぁ、許そうかと一瞬思ったけれど、これならやっぱインスーで「グリーングリーン」唄った方が良かったかな・・・

17:20 TOKYO No.1 SOUL SET https://gennari.net/meta/rsr4.htm#t1ss
SOUL SETのあとがMICHELLEだからって残った客をかき分けかき分け最前列へ。
ホントは、ちょっとだけ元ちとせ見てから戻ってきても楽勝かなぁなんて打算を働かせていたのだけれど、諦めました。人多すぎ。
MICHELLE好きなのはわかるけど、興味がないミュージシャンだからってファンの中に混じって、リズムを取ることもなく場所取りするのはどうかと思うぞ>客
そんなデブのバカップルを尻目に、周りにいるのは、女の子とちょっとクラスじゃダメ系の男の子。なんちゅー・・・(笑)
とりあえず、今回RSRに参加したた最大の目的なんで、メンバー登場時から手上げっぱなし。っていうか、下ろすスペースがない(笑)場合によっては1コーラス両腕上げっぱなし。1曲右腕上げっぱなし。さすがに筋肉が震え出したり(苦笑)
ともかく腕を振り続け、飛び跳ねて、BIKKEと一緒に
「待て誰か笑ってるヤツがいる」
俊美のMC
「あの雲のようにのんびりした俺達だけどこれからもよろしく」
こんなライヴが聴けるなら、3年でも4年でも待ってやる!
気がついたら「ありがとう」なんて叫んでたりする俺・・・いや、まぁねぇ・・・
とりあえず、オフィシャルの掲示板でほぼ完璧なセットリスト見つけたから書き写してみる。
1.Hey Hey SPIDER 2.JIVE MY REVOLVER 3.MORE BIG PARTY 4.SUNDAY〜夜明け前 5.状態のハイウェイ 6.Jr.
唯一の欠点は、やっぱヴォーカルやMCのマイクヴォリュームが小さくて、声がいまいち聞き取れないところ。ほぼ最前列にいたのに、どこ唄ってるかわかんなくなるってどうよ>WESS
終わって、隣にいた結構可愛いネェーチャンがそそくさといなくなったのを悲しみながら(ヲイ)、MICHELLEの人混みを避けようと脱出を計るも・・・

18:25 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT https://gennari.net/meta/rsr4.htm#tmge
俺の進路をいつの間にか増設された壁が阻む(滅)
はっと振り向くと、全力疾走のMICHELLEファンたち・・・終わった(苦笑)
そんなわけで、ステージとPAテントのちょうど真ん中あたりでMICHELLE鑑賞。
飛び跳ねる馬鹿そうな男。踊り狂うアホそうな男。楽しいんだけど、燃え尽きてるから死にそうな俺・・・
前の方じゃペットボトルが飛びかい・・・って、ウワッ、俺もかけられたし。しかもなんか酒クセェ。誰だよ!焼酎なんてばらまいた馬鹿は!!(翌日、Tシャツの一部が紫に変色してた・・・)
そんなわけで、チバはよく見えるけど、それより人混みの方がよく見える中、あっという間でMICHELLE終了。
いくらみんなで騒いでたとはいえ、チバの声すらまともに聞こえないってのはどうさ>WESS

19:00 BRAKE
ホントは、このときEARTH TENTに戻ってBuffalo Daughter見るつもりだったんだけど、無理ッス。ボロボロッス。
そこら中で繰り広げられていた「今年のMICHELLEはいまいちだった」話を20分ぐらい聞かされながらスタンディングを脱出。
しょぼい花火を見ながらカレー食ったり、長袖着込んだり。
夜に冷やしカレー食う根性、俺にはありません・・・

20:25 井上陽水 https://gennari.net/meta/rsr4.htm#yosui
間違いなく今回ベストアクト
「傘がない」から始まってベストアルバムを生で聴いているかのような豪華なセットリスト。
あの吹きすさぶ風の中、半袖の陽水。
ジャズ、ロック、ポップ、そして、フォーク・・・
日本のミュージックシーンにおいて主流を形成するこれらのカテゴリをしっかりと演じ分けてみせる陽水の懐の深さと、それだけの歴史にひたすら驚嘆したわけで、ここでもおいらは調子に乗って「陽水」なんて叫んでしまったりしたわけです。
隣にいた東京から来たネェーチャンたちはちと驚いたことでしょう(微笑)結局場所譲ったときしかしゃべらんかったけど(好みじゃなかったしなぁ・苦笑)せめて、懐炉の一つでも譲ってくれれば(期待しすぎ)
それはともかく、ラスト「最後のニュース」を聴いて、(そうか、このオッサン、未だにきちんとフォークをやってるんだなぁ)と、再認識。

21:35 忌野清志郎&矢野顕子 https://gennari.net/meta/rsr4.htm#iay
PAの調整のせいか、ここと陽水でひたすら押した。30分以上押した。途中で清志郎&顕子ちゃんがショートコントしたから余計押した(苦笑)
そんなわけで、本日二組目の重鎮、清志郎&顕子ちゃん。
いや、もう、二人とも可愛すぎ。なんで、こんな可愛いコンビを男一人で俺は見なあかんのだ!?
それ以上言うこと無いッス。可愛かったッス。メロメロッス。来年は必ず女と来ようと心に誓ったッス(切実)

22:40 CRAZY KEN BAND https://gennari.net/meta/rsr4.htm#ckb
寒さと体力の限界からコーヒーを飲もうとネットカフェの行列に紛れる。
クレケンが始まってもしかたないから行列に並び続ける。
俺の二人前でホットコーヒーSOLD OUT(鬱)
そんなわけで、EARTH TENTに人が溢れてたクレケン。
寒さをしのぐのにEARTH TENT周りでホットドックを買い食いしながら遠目に鑑賞。
遠目すぎて剣さんをきちんと認識できない罠(苦笑)
それでも「GT」筆頭に、ライヴは半分ぐらい聴けたんじゃなかろうか。
テントの外でも元気に踊る変な兄ちゃんに心からリスペクトを送りつつも、脳味噌の7割はひたすら「寒い」と「テントの中は暖かそうだ」を繰り返す(滅)

23:50 What's Love https://gennari.net/meta/rsr4.htm#wl
大量の人が吐き出されるのを恨めしく思いながら良田氏を裏切ってEARTH TENTの中へ。
もともと、日が暮れた時点で体力との相談の結果、SUN STAGEに戻る体力がないことが判明していたので、予定どおりといえば予定どおりなんだけど、テントの中は、熱量があって暖かかった(笑)
そんなわけで、疲れと人肌の暖かさ(笑)で、ぼーっと油断してるところで後ろから声をかけられる。
誰かと思ったら1sk氏だったり。
マイクのレヴェル録りでトランペットが出てきたんで、ファンがこそこそ話をしたりで、俺はその意味がわからなかったりする中、What's始まり。だって、俺はAIR-Gでラヂオやって来るぐらいの認識でしかなかったんだもん。
すると中盤にさしかかったあたりでマッツが言ったさ。
「この順番を見ればみんなわかるよな」(細部曖昧)
盛り上がる周りのファン。俺もつられて(笑)盛り上がってみる。
するとでてきた横山剣。スゲェ。ファンのこそこそ話は当たるもんだ(笑)おかげで俺もかけ声言えたさ。
「イイネ!」「イイネ!」「イイネ!
なわけで、クレケンでは聴けなかった「あの鐘を鳴らすのはあなた」を聴く。っていうか、一緒に熱唱。
いやぁ〜、What'sもクレケンも「イイネ!

01:00 U・Bの記憶からは消去されました。
あまりにもヒドかったんで、この時間俺がなにを聴いたかは訊かないでくれ。
せっかくWhat'sで盛り上がったテンションも冷え冷えになってSUN STAGEに戻ってくると、なんか田舎もんがMCしてる。
GOING STEADYだ!ラッキィ!!これも陽水や清志郎がきっちり押してくれたからだ(笑)
そんなわけで、封鎖されたスタンディングが開くのを待ちつつ、ゴイステ最後の2曲だけ聴く。
「童貞〜」で受けたイメージとはちょっと違ったので俺の中で修正。評価少し上がり。そんなわけで、閉ざされていたスタンディングへの道が開かれる。

01:55 EGO-WRAPPIN' https://gennari.net/meta/rsr4.htm#ego
ちと遠目だけどラッピン。
なんか思ってたよりも明るめの曲で押して来るも、根本的にこの人たちの作った曲は気持ちいいから眠くなる(苦笑)
立ってるのがやっとになりはじめ、支えてくれる壁を求めて少しずつ前の方へ。でも、その壁は既に占拠されていたり・・・
「エゾラッピン」なんて言われても、こっちは立ってるのでいっぱいですよ。結構・・・
今度は夕暮れ時に聴きたいゾ

03:00 ゆらゆら帝国
なんか微妙に調整が早く終わってゆら帝始まる。
周りが盛り上がってくれるので、若干眠気との闘いを有利に進めながら聴いていると、
「機材が壊れました」
えっ・・・そりゃ、やる気無くすわな。
その後もチューニング間違えたり、弦が切れたり・・・
ちょっと時間的には遅いけど、やっぱ草木も眠り丑三つ時だから?
それでも、新曲をきっちり唄いきって去っていったゆら帝。
来年に期待。
そしておれのねむけは・・・

05:10 THE BOOM https://gennari.net/meta/rsr4.htm#boom
限界でした。
ゆら帝の時ですら、立ちながら眠りに落ち、手前によろけてみたりして、変な目で見られたわけですから仕方ありません。
結局、人混みにもまれつつもWRENCHを見ずにスタンディングを脱出し、1sk氏と座れる場所を求めてみる。
でもさぁ、座ってみたところで、風が強いから寒いんだよね。ぼんやり空は白んでたんだけど、その時間が一番寒いじゃん。基本的に。
結果、熱量を求めて月見そば。とっくに月は沈んでたけど。
そば食って、なぜか持ってた一人用のシートに座り込んで、ちょっとだけ風向きが変わって気がついたら一人就寝。
寒さで目が覚めたら、WRENCHは盛り上がりのピークだったようで、1sk氏は椅子に座って寝てた。
まるでゾンビの如く男二人がのっそり立ち上がって、ぞろぞろとスタンディングへ。最後のBOOMのために。
最後だけあってか、人の入りはかなりのもので、PAテントの直前ほどに座り込んで、っていうか、半ば眠りながら、三線の調律聴いたり。
開始間近にかかるお約束のギターに脊椎反射で立ち上がってみたりして、半ばやけくそ状態で、1曲目から手を振り上げてみる。
強風荒れ狂う北の空の下、響く三線。沖縄民謡もどき。
幾度も眠気に負けてふらつきながらも、手を振り、手拍子、曲終わるごとに歓声。MCにも応える。
いい加減、喉がヤバいなぁと思いながら、期待通り最後の「島唄」を唄う俺・・・

なんか最後まで体力保たないけど楽しかったよぅ。
2日続けて見れる体力がスゲェよ。みんな。
ずっと踊り続けられる体力がスゲェよ。みんな。
んでんで、スゲェ楽しかったよ!

BACK

雑感・レヴュ集 メタセコイアBANNER
(C) Copyright Unaru Bacteria,2002
e-mail bacteria@gennari.net