雑感・レヴュ集 メタセコイア
RSRレポ

ミュージシャンライヴ名会場記述者記述日
ROCK FESTIVALRISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO(8/11)石狩湾新港唸るバクテリア2017/08/16

他のRSRレポも見る?
RSR情報サイトRSR semi-EXPRESSやってます。

Attention!!
MCなんかは細部曖昧です。ご了承ください。

はじまるまで https://gennari.net/meta/rsr50.htm#start
0時に目が覚める。
えっ!?自分でもビックリ。歳取るって怖い!!
そっからはうつらうつらな感じで5:15。もう起きる時間ですわ!
仕事メールが夜中に届きまくってるけど、こちらはこの世にいないので関係ない!
ってことで、他の家族はすでに起き出してたりもするから、騒がしくて、起きざるを得ない。
起きますよ。ええ。起きますともさ!
なんとか踏ん張って起き出すと髭剃ったりなんなりで、今年はちゃんとう○こも捻り出してから6:15ぐらいに出発。
どう足掻いたところで、結局これぐらいの時間になってしまうのだから仕方がない。人間だもの
今年も行きは俺が運転し、年イチのドライヴとは思えぬスピードで、8時頃には駐車場行列に到着!
こらそこ!時速を計算するな。時速を
まぁ、この期に及んで例年通り。
8:30には会場内駐車場に停車し、荷物下ろしを開始。

会場内駐車場場所取りはご遠慮ください
結局、中の人が取れなかった会場内駐車券は、人づてになんとかなったりするので、RSRの神様にはツンデレされているだけで、そこまで嫌われていないんじゃないかという妄想。まぁ、入場に到る過程はやっぱり軽く大変だったけど、キニシナイキニシナイ。
荷物下ろして、甥っ子たちがリスバンもらって、入場行列に並んでも9時前!
大人用のリスバンと子ども用のリスバン
この時点では、わりに晴れてたりもしたから、日焼け止め塗ったりしましたよ。首とか。
だって、痛かったもん。陽が当たる場所。焼かれてる感じあったもん。まさか、翌日あんなことになるんて、当時の僕らは知る由もなかったのです・・・
もちろん速攻で並ぶの飽きた甥っ子たちは、3DS取り出してポケモンはじめたり。交換してくれる人いませんか?とか声かけてまわれば有名人になれるよ!とか、はやしたてたけど、もちろん当然のようにスルーされたのでした。
並んでますやっぱり雲が多めに見え
こっちは、飯食うときの行列すら嫌がるのに、この時ばかりはおとなしく並んでやってるんだぞ!とは、間違っても口にしない。
9:30ごろには、前の方で歓声も上がり、たぶんTwitterで見かけた書道パフォーマンスなんだろうなぁとか。入り口に「魂」書いてありましたよね。たしか。写真撮ってないけど。
それから列が徐々に詰まりだし、10:00ちょいすぎぐらいに最前線から歓声。
10:30には会場入りし、サクッと「シャケ」のテントサイト引き替え行列に並ぶ。
シャケさん並び中今年の手持ちタイムテーブル
なんか、まったく遭遇しなかった従弟は全力疾走したら一桁番目に入ったとかなんとかって話らしいんだけど、いいか。入場時は走るんじゃねぇー!
あとそう、近年は流石に余計な人間がテントサイト交換行列に紛れ込んで、余計に長くなることもなくなってきたけど、場所どこにするか悩むな!どこを取ってもどうせ遭難するんだし、どうせなんやかんやで水没するんだ!(体験者談)
そんなわけで、11時直前の10:58に地権書を四区画分ゲット!
久々の四区画。ちゃんと角地も取れたので一安心。
こんな早い時間に長靴落として、この人大丈夫だったんだろうか?
とはいえ、大通り沿いではなく、細道沿いだったので、最初っから場所通り過ぎたりもしたけれど、いざ、テント建て始めたら、そりゃまぁ、10年以上毎年建ててるんだから、そりゃ、サクサクと建てますよ。ウチの親父殿は役立たずだったけれども(苦笑)
空にはだいぶ雲が広がっているけども、やることやったら、思うことは一つじゃないですか。
ビール買ってきてもいいですか?
関係者全員の承認と、買ってくるビール数を確認した上で、直線で行ける「ラーメン&スープカレーエリア」へ。
デカくて黒い!まさかの東京書籍(もう一ヶ所別なとこにもあった)
オープン直後で、どこもさほど並んでないし、どこもまだRSRに入りきれてない感じの、なんとなくフワフワした感じが、実は毎年、俺の中でスイッチになってる気がするんだよね。RSRモードに入る。
ちうか、たぶん、最初にビール買う時のトークからRSRモードに入るんだな(笑)
今年も4つ買い込むにあたって、一人で持って行けるか?問題で「らーめん こじろう 526」の店員さんたちと和気藹々なお話を。
ええ。ええ。ちょっと遠くから来てるもんで、これから稼ぎ時な人を拘束するわけにはいかないですよ。ええ。ええ。どうせ4つ買う内の2つは自分用だし(ドクロ)
帰りの道すがらでチマチマ呑んでると1杯目はだいたい半分ぐらい無くなり、その半分のコップで乾杯!写真を撮るのは常に2杯目!!
もう既にいい感じ(酔)

この一杯のビールの為に生きていると思える程さ
(from「ビール・オア・ダイ」怒髪天)

ビール!
何故か今年はエアソファが2つもあったりで、甥っ子たちがエアソファで遊んだりしてるのを写真に撮ったり、そもそも、俺がエアソファに転がってビール。
あ〜あ、このまま雨が降らなければいいのに!
各人がそれぞれの行動に移ったあともしばらく、荷物番がてらテントでまったりしてはいるけど、しかし、そろそろグッズ買いに行きたい・・・
で、Twitterとか見てると、B'zグッズ売り切れの報
ヤだ。怖い!
何人か戻ってきてから、答え合わせに向かったところ、ホントに売り切れ。俺が確認した時点で12:49ごろ。
完売
10時開場だぜ。ここ。
B'zファンの皆さんさすがすぎる。
結局、今年はミュージシャングッズを全然買わず、オフィシャルTで一番頭がおかしい(褒め言葉)「モグモグダンス」とパンフだけを買おうと並んでみたら、まぁ、進まない。クレジットカードを会場に持って来忘れたので、QUICPayに並ぶしかなく、しかも、前に並んでるおねぇーさんがひたすらJCBの愚痴をひたすら繰り返すもんで、あやうく話に混ざりたくなるけど、その愚痴は仕事の愚痴だからダメ!
突然現れた行き止まりにはポスターが物販行列中
そんなわけで、本気で進まない列にいい加減飽きて、というか、実際問題、そもそも並ぶの向いてないからでもあるし、トイレ行きたくもなって、トイレ行ってからタワレコカフェで、やっぱり、ビール!
あとで確認もしたけど、Tシャツサイズとか、その場で確認するな!オフィシャルで事前に確認しとけ!!絶対来年は先行で予約するんだ!躊躇うな自分!!!
さて、いい加減、はじまるまでにやることもなくなると、テントに戻って、親父が買ってきたNISEKO PIZZAを食べてから、軽く一眠り。
タワレコNISEKO PIZZA
し・あ・わ・せ。
目が醒めたら、祭さんを軽く拝んでから鍛高譚赤のロックを400円。
引きの祭さん寄りの祭さん
鍛高譚の顔ハメ鍛高譚のプラコップ
作ってくれたおねぇーさんが結構幸薄そうな美人でグッと来たのだけど、それよりなにより、マスクの代わりにプラスチックの唾止めみたいのをしてたりして、オエノングループというか、合同酒精の気の遣いっぷりに尊敬を抱いたり。まぁ、美人のつ(殴)
テント村を歩いていたら、スライムの集団に遭遇したので写真撮らせてもらいつつ、
スライムが現れた
小腹も空いてきたところで、軽く食べ歩けるのがいいなぁとHILLS RESTAURANT & SHOP見てたら「厚岸まる直」にカレーパン!
チーズ入りが売り切れてたので卵入りだったけど、これが思いのほか当たり。
甥っ子たちはちゃんとラム回転焼きを食べたらしいんだけど、まさか俺内カレーパンランキングでもベスト5級に巡り会うとは思わなかった。
カレーパン引きだけど、ワーゲンワゴン
カレーパン食べながら、PROVOを脇目に、今年のグワシは写真撮りにくいなぁ思いながら、いつの間にか名前の無くなった橋でリスバンチェックされつつクランクを越える。
REDはチャラン・ポ・ランタンがすでに始まっていて、もう楽しそうな感じ。
しかも、REDのPA裏にディスプレイ!
なに?いつの間にそんな金満フェスになったのRSR!?!?!?
10回目を越えて、年々観客動員が減ってった頃からは想像もつかない復活劇。
幾星霜ですね。まったく。
黄色い扉と赤い扉
歩いてる内に鍛高譚を開けてしまったので、RAIN TOPEでお酒を探す。
あっ!みっちゃん始まっちゃった!!
思いながら鬼灯マティーニ700円。
完全無農薬鬼灯ジュースでマティーニですよ!濃いけど甘い!!
GREEN TOPE外からGREEN TOPE中から
ウマ?ロバ?I WISH NEVER MET YOU
準急にあげ損ねたピンボール鬼灯マティーニ
満員御礼なRAINBOW SHANGRI-LAの入り口からステージが攻め手見えるポジションは確保しましょうと、忍び込む。
なお、以後、見出しの時間の表記はタイムテーブルに従います。

15:30-16:20 清水ミチコ https://gennari.net/meta/rsr50.htm#4325
今年は石狩市しか撮ってなかった・・・
まさか天龍源一郎ではじまるとは思いもしなかったよ!
わたしのことはみっちゃんと呼んでください。せーの
みっちゃーん!
という、鉄板展開からいきなりリクエストタイム。
早っ!
「アナと雪の女王」は今年のARABAKIで見た気もするけど、この時は瀬川瑛子初めて聞いた!と思ったので、その感慨はちゃんとメモっておく。
あと、ブルボンネタは、見る度ちゃんと物販にブルボンを並べればいいのにと。ルマンドとエリーゼを!!
「ヨイトマケの歌」や椎名林檎での反応の早さなんかを見ると、やっぱ、RSRの客は偏差値高いなぁとか。
そうか・・・「ヨイトマケの歌」で「よいとまけ」を、ペンライトよろしく振る遊びというのもアリか・・・(待て)
つか、このレポ書くのにググって初めて知ったけど、三星のURLが「yoitomake.jp」って、今時のネットベンチャーだったら会社名「よいとまけ」に変えるレベルじゃないですか!
閑話休題。
50分とはいえ、みっちゃんの素晴らしさ全開だったけど、だいぶ酔ってるわ。俺。
微妙に最後寝てた・・・
冷静に考えると、すでにもう呑みすぎでしたね・・・

17:00-18:00 B’z https://gennari.net/meta/rsr50.htm#B’z
にもかかわらず、帰り道のPROVOでジンジャーサワー600円とか買っちゃう馬鹿。

今年のグワシ近道
ジンジャーサワー
いやね、でもね、これがまたスゲェジンジャー濃ゆくて目が醒めたんですよ。
濃い自家製ジンジャーシロップ最高。
で、呑みながら、キッズガーデンやチュプを撮って歩き、今年は来ること多いサンステへ。
キッズガーデンチュプ
さすがB'zパイセン、スゲェ人の入り。
今年のサンステは、模様がなんだかバイオハザードマークっぽいというか、原子力マークっぽいというか・・・
あと、白いアンプが16台並んでて、オフィシャルのレポによると「玲」刻まれてるらしいんだけど、個人的にはサンステの模様に同化して見えていた(微笑)
B'zパイセンをスタンディングで見たい人々B'zパイセン待ち
白いアンプが16台これが表示された瞬間に歓声があがる
    セットリスト(ソースは手元メモ)
  1. さまよえる蒼い弾丸
  2. Liar! Liar!
  3. さよなら傷だらけの日々よ
  4. 有頂天
  5. 裸足の女神
  6. イチブトゼンブ
  7. Still Alive
  8. 衝動
  9. juice
  10. ギリギリchop
  11. ultra soul
ヤヴェ。セットリスト用に、曲名わかんない時は歌詞メモってるんだけど、だいたい間違ってる・・・(苦笑)
それはともかく、やっぱりオジサン的には、そこら中でフックアップされてるMCだけど、
これがRISING SUN ROCK FESTIVALか・・・すげえな。皆さん、素敵ですよ。それじゃあ世界で一番素晴らしい唄声聴かせてくださいよ!
からの「裸足の女神」

OH MY 裸足の女神よ
キズをかくさないでいいよ
痛みを知るまなざしは
深く澄んでもう萎れることはない

(from「裸足の女神」B'z)

楽しみにしていた「LOVE PHANTOM」は無かったけれど、もうガン上がりじゃないですか。
トラウマ級に刷り込まれているこのサビ。
毎年大ネタ見る度、人生において、B'zを見る日が来るなんて思いもしなかった!と。
「juice」のコールアンドレスポンスも、「ギリギリchop」の回るタオルも、もちろん「ultra soul」のジャンプも、全部が全部、本物なんだなぁと。
バックバンドがだいたい外国人で、とくに、ドラムスゲぇなぁ。思って見てたんだけど、長年B'zのサポートドラマとして有名なんですね。アレで50歳かぁ。
途中で雨がパラッと降って、さすが!と思いもしたけど、やはり最後、稲葉さんと松本さんが二人で写真を撮ってるの見て、薄いほn(自粛)

21:00-22:00 レキシ https://gennari.net/meta/rsr50.htm#rekishi
B'zは人いすぎなせいか、スタンディングにいると全然ネットにつながらなかったり。
B'zパイセンから撤収する人々
危なかった。これで「LOVE PHANTOM」やられてたら電話できなかったや(詳細はこちら
SCANDAL見なくてもいいや。ってことにしたので、またもや「ラーメン&スープカレーエリア」へ向かい、「剣淵とりもも焼き」で、水と「けんぶちとりもも丼」あわせて900円。
撮影スポットFM COCOLO 765
けんぶちとりもも丼
もともと食べたかったのもあり、さほど行列してなかったのもあり、すぐそばで祭さんが「 ウルトラソウル! 」言ってるから全部反応しつつ、とりもも丼をどこで食べるべか・・・と、思ったところですぐ隣がWi-Fi&充電コーナーだったので、充電しながら食べる。
何故か、Wi-Fiにはつながらなかったのだけど、ケータイも俺もエネルギチャージ。
なんでWi-Fiつながらなかったのか未だによくわからない。
ともかく、けんぶちとりもも丼が期待値よりもおいしかったり。
腹減ってたらしくあっちう間にがっついてしまい、今度は酒だ酒だと国稀を買い込んだら、なみなみと注いでもらったり。
幸せってこういうことですよ。まったく。
とはいえ、みっちゃんで眠かったことを忘れて国稀呑んでるあたり、見事な酔っ払い。
20%近くまで消費していた電力を40%近くまで回復させたので、充電コーナーを離脱。
レキシのおじちゃんまでどこで時間を潰そうかちょっと考え、現在地から真反対のオフィグッズ行列にリベンジ。
暗くなってきたクレジットブース
行列並んでたら、def garageからねごとが聴こえる。
うん。これは幸運なのか?不運なのか?
それはともかく、上でも書いたけど、ホント、たかがオフィグッズで悩むな!
どうせそのTシャツ、ウチらみたいな荒んでる人以外、あとで着ることないよ!!!(日常的にフェスTを着る35歳)
今年のビニールバッグは久々にポカリなんだなぁとか思いながらも、2002年から15年通ってて初めてガチャガチャに挑戦。
当たったのはOLDCODEX、Gotch & The Good New Times、さかいゆう feat. 福原美穂 SOLAR JAM。
ガチャガチャ3種
・・・俺的には全部微妙!
難しいね。まったく。
トレードしても良かったのだけど、とくに欲しいのもなかったので、その足でタワレコカフェへ行き、モヒート600円。
やっぱり呑みすぎだったな・・・
買ったグッズを置いてこようとテントに戻ったら、遭難しかける。
ようやく、いろいろ危ないとか思い至って、潔く早めにサンステセンタへ。
夜のメインストリートレキシ待ちのサンステ
しかしてしかして、まさか「キャッツ」言いながら寝る日が来るとは!(笑)
ある意味、超贅沢だよね。まったく。
「ALONE」ネタ覚えてすらいない!
けども、稲トラソウルは忘れません!
もしかしたら、「稲トラソウル」は、今後のレキシに組み込まれていくかも・・・
って、ググったらすでに組み込まれてたのか・・・
岡崎体育が入場規制されてるのを聴きながら、真っ暗なサンステから撤収。
そうか・・・今年のサンステのトリは、いずれも初出演時に持ち時間をおもっきしオーヴァしたバンドなんだな・・・(遠い目)

23:00-00:00 Song for "ムッシュかまやつ" 〜LIFE IS GROOVE〜 https://gennari.net/meta/rsr50.htm#monsieur
この眠気は、ひとえにカフェインが切れているからに尽きる。
と、自分の中で決めつけて、道すがらPROVOでコーヒー400円。
ペットボトルとかプラコップとか、持ってたゴミを全部回収してくれるので、ステキング。
コーヒー飲みながらREDへ到る途中「やさしい気持ち」が聴こえてきて、REDに着いてみた頃にはCharaが終わる。
聴けるとは思っていなかった「やさしい気持ち」が聴けてラッキィ!
と、思った瞬間に、Charaグッズのタンバリンを買い忘れたこと思い出してげんなり。
Chara終わりのせいもあり、REDそばのトイレは満員御礼。
いろんなところで声を聞いたけど、今年は男子トイレがいつも長蛇の列。
まぁ、女子トイレが行列よりはマシなんじゃね?
保険的に水を買い込んでから、徐々にカフェインが効き出して、元気にBOHEMIAN GARDEN。

光、夜のグワシフォトフレームにも使えるよ
21.00_6.002ヶ所あったのでアングル違い
夜のオブジェその2夜のオブジェその2
カフェイン効いてることをいいことに、ジントニック500円まで買い込んで、サクサクと前から3列目あたり。
例年の如く、BOHEMIANは立ってる人と座ってる人のギャップが激しい。
初登場!BOHEMIAN CIRCUS皆大好き、BOHEMIAN GARDEN
約5分押しではじまったステージだったけれど、そこからは圧倒的少数派だけども、もう素晴らしいステージだった。断トツでベストアクト。
わかってたけど、なんなの?Kenkenのいい子っぷり
1曲目にやったLIFE IS GROOVEの楽曲は、生憎不勉強&メモり忘れたのだけど、とりあえず、LIFE IS GROOVEは2枚とも取り寄せたよ!
KenKenがサンプラにムッシュの声を仕込んできてるので、なにかに付け、ムッシュの声が流れる。
仕込んできた声が見事にステージ展開とあっていて、本気でその場にムッシュがいるかのよう。
しかも、山岸竜之介がムッシュの最初と最後のギター引き継いだとか、KenKenにシシド・カフカを紹介したのがムッシュとか、「おーい北海道」こと「I'm A 北海道 Man」はムッシュの作曲だとか、

もう、ムッシュかまやつの人柄全開のMC。
そもそも、このあとに出てくる人たちも含めて、ムッシュの話をするのが楽しくて仕方が無いって、しみじみわかるステージ。
一番思い出に残ってるのが
えっ?
民生が「どうにかなるさ」
民生がカヴァした中でベストは、ARABAKIで見た「スローバラード」だったんだけど、俺の中ではあの「スローバラード」を越えました。
斉藤君は右翼なの?
と、突拍子も無いことをムッシュに言われたせっちゃんが「やつらの足音のバラード」
さらにCharが登場してせっちゃんと「あの時君は若かった」
せっちゃんが下がって、Charと金子マリで「ノー・ノー・ボーイ」と「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」
せっちゃんと民生とシシド・カフカが戻って、しかも民生がドラムで、「エレクトリックおばあちゃん」
この曲知らなかったんだけど、あまりに衝撃を受けて、まぁ、YouTube探すよね。

ヤだ。凄い
そのままみんなで「フリフリ」「バン・バン・バン」で終わり、
ムッシュはこれ30分やりましたからね
と、まさかのアンコールでもう一回「バン・バン・バン」
音楽好きな人、はーい
最後の最後、ムッシュの声がBOHEMIAN GARDENの空に溶けていき、あまりにも浮かれていたのか、醒めてみると恥ずかしいことこの上ないフレーズをメモってたので、晒しておきますぜ。
こういうステージを大切にしたい人に、ちゃんと見せたいと思うのは、ワガママでしょうか?
やさしさみたいなものは、この日のこのステージのことを指すんだと、今は思う。
    セットリスト(ソースは手元メモ)
  1. (LIFE IS GROOVEの曲)
  2. どうにかなるさ(奥田民生)
  3. やつらの足音のバラード(斉藤和義)
  4. あの時君は若かった(Char・斉藤和義)
  5. ノー・ノー・ボーイ(Char・金子マリ)
  6. ゴロワーズを吸ったことがあるかいChar・金子マリ)
  7. エレクトリックおばあちゃん(全員)
  8. フリフリ(全員)
  9. バン・バン・バン
  10. en) バン・バン・バン

00:00-01:40 FRIDAY NIGHT SESSION 〜SKA IS THE PARADISE〜 https://gennari.net/meta/rsr50.htm#fns
みんなで薪割り
かまやつのアンコールで、Twitterで見かけたパンダの人を見かけたため、スゲェ!本物だ!!と、違う意味で上がる(笑)
それはともかく、お腹が減ったので豚まん500円。
安定の豚まん。
夜のGREEN TOPENatural bicycle
REDまで戻ってからトイレ寄って、もうちっと甘くない酒が飲みたいとテキーラ500円。
500円しか出してないのに、ストップ言うまでテキーラ注いでくれたりとかドキドキするから止めて欲しい(笑)
金曜夜のRED STAR FIELDは魔界や!!
夜のRED STAR FIELDをレストラン側から夜のRED STAR FIELDをPA裏から
それはともかく、REDにはいいスカ、いいレゲエ。
「BONGO TANGO」のチバぐらいでPA裏のスクリーンと、遠目のステージを両睨みできるぐらいの場所に陣取る。
あとは、もう踊るだけで、沖さんのキーボードが、なんだか「ゼビウス」みたいに聴こえたんだけど、「The Lst Waltz」だったかな?
ともかく、チバすらなし得ない、もしくはあえてやらないことを峯田がやらかしたのですよ。
これは、日本のポピュラー音楽史に残すべき事件(過剰表現)で、まさかここまで「いかれたBaby」を峯田が喰らい尽くすとは思いもしなかったから心底ビックリして、みんな笑ってるし、俺も爆笑してるんだけど、峯田和伸という人に、初めて恐怖心に近い感情を抱いたのでした。
フジでオザケン見ても、ある種の予定調和の域を出なかったのだけど、こういうことがあるからRSRを愛さずにいられない。
「カナリアの鳴く空」のチバとYONCEも盛り上がったけど、しかし、あのインパクトには勝てないよね。
ただ、よっちゃん一人別次元というか、RED STAR FIELDでのよっちゃんとUAは無敵モードだから枠に入れてはいけない。
おかわりでスカパラの演奏する「くちばしにチェリー」とか、神々しすぎるぐらい。
さらにさらに10-FEETのTAKUMAで「hammer ska」で、10-FEETが大好きなウチの親父は悔しがっておりましたとさ。
キャンパーズにスカパラって2回目だった記憶だけど、夜中にスカいいわぁ。

セットリスト(ソース
FNSのセットリスト

sleep https://gennari.net/meta/rsr50.htm#sleep

シケインのオブジェ
終わってみたら2時を過ぎていて、結局今年もこうなるのか!と(微苦笑)
だいぶ書き込まれた伝言板なんかを撮り納めたのち、テントまで戻ると、また遭難しかけたり・・・
雨が少しずつ降りはじめ、このまま見つからなかったら、俺、死ぬんじゃね?という、酔っ払いらしい過剰な思考が一瞬支配するも、冷静にテントの数を数えて、無事、帰り着く。
良かった、自分が取った地券書の番号覚えてて。
明るい内に、温泉行くためのアラームは設定してあったので、いつものようにクリスタルカイザーで歯を磨いたら、おやすみなさい・・・zzz・・・
これは良いホルモン教徒まさかのJackson vibe
大漁ですか?
テントの守りはバッチリ

BACK

雑感・レヴュ集 メタセコイアBANNER
Powered by P trackbacker
(C) Copyright Unaru Bacteria,2017
プライヴァシィポリシ
e-mail bacteria@gennari.net