雑感・レヴュ集 メタセコイア
洋画

作品名記述者記述日
アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル唸るバクテリア2018/05/18★★★★

右隣がデブとか絶望した!!!
と、思いながら「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」見ました。
今年、暫定ベスト。
もうね、<font size=“5”>馬鹿とデブには近づくな!</font>に尽きるんだけど、実際、隣のデブがデブ臭全開で、しかも「ファック」でしか笑わないみたいな馬鹿さ加減だったから、もう、痛くて痛くてたまらない映画
歪な歯車がずっと噛み合っちゃうと、こうなるんだよ。リアリティが強いというか、問答無用な実話
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」(U・Bのレヴュ)だったら、そこまで自分に降りかかる気しないけど、馬鹿とデブのせいで不幸になるのはあり得るよ!怖いよ!!っていう。
当人にそっくりってのもあるけど、それより、メタフィクションな構造が作中まさしく台詞で出てくるとおり「 馬鹿しか出てこない物語 」なのに、天才的な展開を見せるあたりが、もう怖い!
やろうと思えば、この話を現代アメリカにも読み取れるんだけど、そんなことよりも、フィギュアスケートって競技の恐ろしさすらを見て取る
ホント怖い。だって、まだ24だったんでしょ?トーニャ・ハーディング。
たしかに、ザキトワやメドベージェワなんか、次の北京五輪でも、そこまで行かないわけじゃないですか(メドベで22歳)
下手なホラー映画よりよっぽどホラー。
にしても、助演女優賞取りまくりのアリソン・ジャネイが最高です。
んでもって、スケートシーンのフレッシュさったら!!
パンフ見てたら、トリプルアクセルなんか苦肉の策みたいだけど、それでも一見の価値アリ!
あと、上映中にケータイ鳴ってたヤツに不幸が訪れますように☆

BACK

雑感・レヴュ集 メタセコイアBANNER
(C) Copyright Unaru Bacteria,2018
e-mail bacteria@gennari.net