ホチキスその名前

ホチキスで紙を束ねようとしたらちょっと針が歪んでしまい
ああ、私はホチキスづかい、ホチキシングがヘタクソだなあ。とつぶやく。
ホチキシング… ホチキスでパチっとやる、その行為をホチキシング…。
ホチキスでぱちっとやるのをホチキシングと言うのなら
「ホチキス」は動詞ってことになり、今ホチキスと呼んでいるこの道具は「ホチキッサー」だったらつじつまが合うなあ。
なんて考えてみたりして。ホチキスって本当は人名でしたっけ?
忙しいとどんどん考えがくだらなくなりますね~、もう秋ですね。

commentComment [0] 

ハッキヨイの「キ」

相撲協会が打ち出した新キャラ
ハッキヨイ!せきトリくん
2009y09m19d011859390



国技館で配られたせきトリくんクリアファイル、欲しかったです。
こないだ行った九月場所初日には安芸乃島が配るってことで
時間の算段を立てていたのですが
整理券をフライング気味に配っていたらしく(相撲協会いつものアバウト体制による)
もらえませんでした。残念。
あのアバウトさ&館内の親方たちの威圧的な仕事っぷりは、
知ってれば「そういうテーマパーク」として楽しめるのですが
初めて行ったときはびびりましたものです。すごいよねあれ。

で、ハッキヨイ!せきトリくんの「ハッキヨイ」はなんで「キ」なの?っていう、どうでもいい話の推測です。

ハッキヨイ=もちろん「はっけよい」。
はっけよいの語源というか意味には、ことばおじさんによると
大きくわけて二通りの説Link があるらしく、ひとつは
「八卦良し」、これは国技館が八卦の形をした八角形であることと、
神事であるお相撲を取り仕切る行司さんがREADY GOの意味で「八卦・良い!」、
バトルの準備は整ったから始めてくれよ、というかけ声と考えると、理屈的には腑に落ちます。

ちなみに、国技館の東西は「正面」から「向正面」にむかって「花道」を両側に見る立ち位置、
つまり放送席からみると(=相撲中継のおなじみアングル)右側が西、左側が東になってます。(参照pdf)Link
さらにいえば実際のの東西南北ともかなりずれている。
なんか色んな理由でそうなってるらしいLink けど
中に入ると軽く混乱しますよね。一瞬、自分が方向音痴になったのかと不安になります。
外側の八角形の回廊を歩くと、いつまでたっても元の場所に戻れない感覚に陥るのもこのせいでしょうか。
八角回廊って、すごく長く感じます。同じような売店がいっぱいあるのも、また無限感がある。

で、ハッキヨイの話に戻りますが、もう一つの説は「発気揚々」。
がんばれよ~、いきごめよ~、はっきよ~よ、はっきよ~、はっきよい。
古い日本語は音から考える方が筋が通っていることが多いみたいなので、
「理屈の八卦」よりは、「音の感じの発気」の説の方がどうも説得力がある気がしないでもないです。
(個人的には八卦のほうがカッコイイ感じがして好きですが)
相撲協会はこちらの説を「一応、正しいもの」としているみたいですね。

つまり。
ハッキヨイ!せきトリくんの「ハッキヨイ」はもともと「発気揚々」なんだぞ、
「気」ですからね、だから「キ」なんですぞ。まちがうなよ。
という相撲協会のアピールなんではないかと。そいう推測でした。
まさか、ここに来て本来のハッキヨイを取り戻そうとしているのでしょうか。
ということは行司さんも「はっけよい」は「ハッキヨイ」と言いなさいと教えられていたりするのかね?
今度、行司さんの声、よく聞いてみようと思います。

でも、全然関係なかったりして。テヘヘ。

commentComment [0] 

RIKI/紅のバックファイヤー

RIKIの新アルバムは、捨て曲ナシですな。
オフィシャルサイトのリーゼン党政見放送も良いです。


芸術丸!!かっこいい。
そして、リアルなドライビングシーン。完璧。

commentComment [0] 

 

RIKI/ LOVEマシーン

落ち込む事もあるけれど私は元気です。


リーゼン党マニュフェストは日本を元気にすること!
元気になるなあ。RIKIかっこいいです。
誰が、これを仕掛けているのか。ターゲット、キャラクター、表現、演出、すばらしいと思う。

commentComment [0] 

未公開映画を観るを観る

最近、心から楽しみにしている番組。東京MXですが。
松嶋×町山 未公開映画を観るTVLink
これほんと面白いわ~
最初タイトルだけ見て、松嶋って誰だろ?と思ってたらオセロの松嶋でびっくりした。
松嶋の「普通の人」の役割のつっこみがすごくいいですね。関西弁って便利だ!
先週のは良かった。

This Film Is Not Yet Rated
数十年にわたり謎に包まれていたアメリカ唯一の映画倫理委員会『MPAA』を公のもにする。
「映画の年齢制限は誰がどう決めているのか?」という疑問に対するドキュメンタリー。
知られざる映画の裏の1シーンにメスを入れる作品。


アメリカって大変な国なんだな、とか
毎週いろいろ勉強になる。そしてそれぞれが作品としてすごく愉快。
日曜の夜の精神的砂漠タイムを楽しくしてくれます。
最近町山智浩の名をあちこちでよく見かけるなあ。

commentComment [0] 

2019.2
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728