14敗か~

「豊真将がこのまま引退したら、寺尾はまさに骨折り損だよなあ!」
(相撲ファンなら爆笑するところ)

commentComment [0] 

まとまっているものは見やすい

という訳で珍しくアメリカ製の映画を立て続けに何本か観たのですが、
当たり前なのですが破綻なくきっちり見やすくまとまっているので
続けて鑑賞しても案外疲れないものなのですね。これは私にとって意外な発見でした。
中南米の映画は多分に文学的な事が多く、解釈がどうにでもとれるとか
登場人物の行動倫理が不思議すぎる、とかそういう余地がありすぎるので
一気に何本も観るとくたびれるんですよね。私はそのくたびれ感がたまらないので見続けるのですけれども。
ハリウッドとかは多くの人に見せるために、編集とか演出が最大公約的にちゃんとしているってことだろう。
という当たり前なことに今更気づいた次第です。
あと、トランスフォーマー、ターミネーター4、スタートレック、
の予告が続けて流れたのだが全部同じに見えて笑った。ネタギレかよ、とさえ思うくらい全部同じだな。
もちろんちゃんと観たらそれなりに面白いんだろうけどさ、でもさ、
ロボットCGももうお金のかかったアニメにしか見えない。
CGみて、本物っぽいね!ビックリするね!っておめでたい気持ちだけであの手の映画を楽しめるのなら、
それはそれで素敵な娯楽なのだよね。

commentComment [0] 

 

散歩日記

今週歩いた坂

★暗闇坂

大きな地図で見るLink

坂ファンには有名な暗闇坂。夕暮れ時にけやき坂からフラフラ歩いてたら暗闇坂を見つけて、
これが暗闇坂!ってワクワク登ってしばらく歩いてみた。
オーストラリア大使館、元麻布ヒルズ、愛育病院
などを眺めながら歩いていたら自分の居場所が本気でわからなくなった。
日も落ちて地図もなく、セレブタウンだから人も全然歩いてなくて久々に心細さを感じました。
あやうく、バスに乗るところだった、あぶない。
結局、振り向いたらもと来たヒルズが見えたのでそっちに戻ったのだけど、
もう少しがんばれば広尾に出られたのになあ。
出発した駅に戻ってしまったということで、散歩者としては減点です。ああ。



★湯立坂

大きな地図で見るLink

タモリも絶賛の良坂・湯立坂。
茗荷谷から小石川植物園に行く途中、思わぬところで良坂に出会って感動しました。
坂の中程に湯立坂の案内盤があり、タモリも絶賛!ってTOKYO坂道美学入門の写真がくっついてたのは笑った。
ジュンク堂の散歩地図コーナーにも「TOKYO坂道美学入門」と「東京の階段」が並べられていたりして
すっかり坂道の権威本になっているね。やっぱりみんな本当は坂が好きなんだ。
暗闇坂で迷って懲りたのでポケット地図を買った私は道の帝王。
植物園をでたあとは、地図をみながら松平さんの公園から筑波付属小の森へと抜けて新大塚から帰りました。
これぞ文京区!という良ルートを辿れて、散歩者としては感無量。
ただやっぱり、むやみに迷う心細さの魅力も捨てがたいな。

commentComment [0] 

 

映画鑑賞週間

今週みた映画

★スラムドッグ$ミリオネア
面白かったんだけど、お話の筋が陳腐なエンターテイメントにまとまっているので何かおかしいな、と思い
原作を読んだらやっぱり原作の方が全然ちゃんとしてた。エンターテイメント小説には変わりないけど。
映画も良かったんだけどね。音楽が良かったです。音楽AKIRAみたいで良かった。
ミリオネアの司会はやなおじさんって定石なんでしょうか。
でも、ミリオネアは貧乏な人が一攫千金じゃないとやっぱ全然面白くないよね。
日本のミリオネアの終盤が芸能人大会でダメダメだった理由がわかったよ。
山谷のおじさんとかが大金当てたら絶対見るのになあ。

★グラン・トリノ

★イントゥ・ザ・ワイルド
これも原作読んだ方が良さそうですよね。
自給自足ってどこまでやれるんだろう、ってずっと思ってたのですが
いずれにせよ一人じゃ無理だな。10人ぐらいいれば、ヘラジカもなんとかなりそうな気がする。

★パンダコパンダ
大きい方のパンダが「パパンダ」だという事実を知った。パパだから。
パヤオさんはいろいろ一巡りしてポニョでパンダコパンダに戻ったのだなあ。
やはり、幼児のメルヘンはすばらしいですね。できたら私もそこに向かいたい。
[パンダコパンダ−千と千尋−ポニョ]を三部作としてみなすとすごく腑に落ちる。
私が宮崎監督だったら、ここまでのものを作れたらもう死んでもいいと思うんじゃないか。

★MILK
ショーン・ペンのゲイ演技がすばらしい。
あと、ディエゴ・ルナたんの男娼みたいな動きも最高です。
イントゥ・ザ・ワイルドの主役の人もゲイ役でかわいかった。
バルト9なのに小さいスクリーンに追いやられていてもったいないなあと思いました。
せっかく二丁目があるのに、ちゃんとやってやれと思う。
ずっと疑問だった、サンフランシスコがゲイのメッカであったことを理解できて良かった。ボーイズタウンか。


commentComment [0] 

みた映画/失われた肌

映画鑑賞メモ
失われた肌Link
原題はel pasado

ガエルガルシアベルナル主演というのにまったくうっかりノーマークだったのだけど
シネマトゥデイにちーさい文字ででてた映画情報で「失われた肌」っていう題名を見て
なんか南米映画っぽいな、と思って開いたらやっぱりそうでした。
スペイン語圏の映画を持ってくるときにむりやりつける邦題の、
なんともいえん独特なセンスのやぼったさにも反応できるようになってきました。私ったらさすがですね。
おそらく翻訳してる人もそう沢山はいなくて、少ない人数でぐるぐる仕事をまわしてるから
個人的な訳のクセがじんわり表出しているのではないかと推測しています。推測ですって。

映画は誰も幸せにならない鬱映画でしたけれども良かったです。
ブエノスアイレスって本当に美しいですね。鬱を美しく鬱にする素敵な背景でした。
あとガエルはイケメンすぎてオエってなるね。何をやってもイケメン。ダメ男役を引き立てるイケメン。
ガエルのイケメンっぷりたっぷり見せますみたいな内容でもあったな。
あんまり身長高くないのもいいですね。
私は、いまだに高身長=かっこいいという価値観が理解できません。
ガエルみたいな場合だとイケメン顔がよりでかく見えていいじゃないか。
そのバランスを追究するとセンベイさんになるね。イカス。

commentComment [0] 

2019.6
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30